ベビーゲートの比較!日本育児とIKEA、おすすめはどっちだ!?

どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

IKEAのベビーゲートの紹介記事を書いたら、記事を読んでくれている方がいらっしゃるようで、少しは記事が役に立ったのならうれしいなーと思う今日この頃。

IKEAのベビーゲートの記事は下のリンクからどうぞ!

IKEAのベビーゲート2種類の概要!IKEA好きなら買って損はなし!?

IKEAのネジ止めが必要ないタイプのベビーゲート「PATRULL KLÄMMA」の詳細レビュー

IKEAのネジ止めタイプのベビーゲート「PATRULL FAST」の詳細レビュー!階段の上側でも安全設置!!

ということで、今回はIKEAと他社のベビーゲートの比較をやってみようかなーなんて思います。

今回比較で取り上げるのは

IKEA 「PATRULL KLÄMMA」

IMG_9238.JPG

日本育児 「ベビーズゲイト ホワイト」
日本育児 ベビーズゲート ホワイト NI-4006
です。

性能も価格も似通っている2つの製品の比較です。

IKEAのPATRULLシリーズのベビーゲートが、リコールになりました。
理由は、機構上に問題があり突然扉が開くなどの事故があったとのこと。
私が使っている時にそんな危ない動きはなかったんですけどね・・・残念です。

実際に返品してました。そのときの記事はこちら。

リコールになったIKEA(イケア)のベビーゲート。返品手順を解説するよ

2016.07.11

スポンサーリンク

まずは価格と基本性能の比較

最初は多くの人が気になるであろう、価格と基本性能の比較からです!

価格は思った以上にベビーズゲイトが安かった!?

PATRULL KLÄMMA ベビーズゲイト
価格 ¥3,999(税込)
※IKEAメンバー価格
¥3,580(税込)
※Amazon価格

価格はベビーズゲイトが400円以上安い結果になりました!
実は個人的にはこの価格差にはビックリ!!
自分がPATRULL KLÄMMAを使っているというのもあるけど、IKEAの価格って絶対どこよりも安いというイメージがあったんですよね。。。

なによりベビーズゲイトは

Amazonで購入できる!!

というのが何よりの利点でしょう!
IKEAに通販はないので、必ず店舗に行って購入する必要があります。
車でIKEAに行けるのならともかく、電車賃を払ってお店に行って、自分で持ち帰るというのは結構大変です。。。
しかもIKEAのお店から家に配送してもらうと、配送料がとっても高いのもマイナスポイント。
このあと書きますが、PATRULL KLÄMMAは結構重いので手で持ち帰るのは結構辛いです。。。

基本性能の比較は果たして!?

それでは基本性能の比較に行きます。

PATRULL KLÄMMA ベビーズゲイト
サイズ 約W69.5×D2.5×H73cm 約W69×D2.5×H76.5cm
重さ 約4.8kg 約5Kg
設置幅 73~87cm
※拡張キットをを使うと最大100cmまで拡張可能
73~90cm
材質 スチール スチール

基本性能はほとんど変わりませんね!
ベビーズゲイトのほうが若干高さがあるといったところでしょうか。。。

ただ、IKEAのPATRULL KLÄMMAは拡張キットを使えば、最大100cmまで設置幅を広げることができます。間口が広いキッチンなどに設置したい場合は助かる仕様です。我が家でも拡張キットを使用しています。

設置しやすさはどうなのか!?

設置しやすさではどうなのか。。。

PATRULL KLÄMMA ベビーズゲイト
設置 壁に突っ張って止めるタイプ。
製品に付属のレンチを使用して調整ノブを締め付けて固定する。
壁に突っ張って止めるタイプ。
調整ノブを指で回して締め付けて固定する。調整の部は回しやすいよう凹凸が付いている。

取り付け方法は壁に突っ張って止めるタイプなので、基本は変わりません。
違うのは調整ノブの仕様ですね。
IKEAはレンチを使用してまわすことが基本になってますが、ベビーズゲイトは指で調整ノブが回しやすいようにパーツが考えられて作られています。
PATRULL KLÄMMAは調整ノブを指で回すこともできますが、仕様上キツく締めるにはやはりレンチを使うべきです。

ただ、調整ノブの周りはスペースがないため、レンチが非常に回しづらいという欠点があります。

そう考えると、やっぱりベビーズゲイトのほうが設置しやすさでは上をいっている。。。と考えた方が良いかも!?

扉の開けやすさ

さて、扉の開けやすさですが、これは明確なポイントがあります。

片手で開けられるか開けられないか

これって、結構重要かなーと思います。
片手に荷物を持ちながら扉をあけたいことって結構あると思いますからね。
子供を抱っことかしてたら、間違いなく片手しか使えないですしね。

そして、仕様上片手で開けられるように設計がされているのは

ベビーズゲイト です。

PATRULL KLÄMMAも片手で開けられない訳ではありませんが。。。
ちょっとキツいです。。。

ということで比較した結果優れているのは。。。?

簡単に比較を実施した結果、プラスのポイントが多かったのは

日本育児 ベビーズゲイト

となりました!!

うーん。。。ちょっと意外。。。
自分がIKEA製品が大好きで、しかもPATRULL KLÄMMAを使っているから尚更です。。。

でも、IKEAっていうブランド力ってすごく強いと思うんですよ。

なので

純粋に比較した結果を見るなら ベビーズゲイト
多少比較結果は落ちるけどIKEAというブランドが大好きなら PATRULL KLÄMMA

っていう感じでしょうか。

少しは参考になったでしょうか!?
赤ちゃんを危険から守るベビーゲート。
ご家庭に最適な1台を見つけてくださいね!

ベビーズゲイトを買うならやっぱりAmazonが便利!?

こちらの記事もおすすめです

Amazonプライムを知ってますか?子育て中のパパ・ママに真剣におすすめできます!

新米パパ・ママにお得がいっぱい!Amazonプライムをおすすめする6つの理由

2016.10.06