道を間違えちゃった!?保育園登園時に息子くんが通ってほしい道とは?

誰だって道を間違えることはあることです。でも道を踏み外すのはダメです!

行き止まり

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

朝の保育園の登園時、いつも決まった道を自転車で走るわけですが、それでもたまには違う道を走ってみたくなりますよね!?

今日は、そんないつもと違う道を通って保育園に登園した時のことを書いてみます。

まさか、その時のことがこんなに息子くんの心に残るとは思わなかった。。。

スポンサーリンク

朝の自転車の登園時間は憩いのひと時

さて、我が家から保育園までは自転車で大体7〜8分くらい。
歩くとちょっと遠いかなーと感じるけど、自転車ならあっという間!といったぐらいの距離でしょうか。

先日の日記でも書きましたが、この自転車の登園時間はパパにとって息子くんとのとっても貴重なコミュニケーションの時間です。

憩いのひと時

まさにそんな感じなんですけどね。

その日は、登園途中の道にある信号のタイミングが悪かったり、いつも曲がる道に車が止まっていたりと、なんだか運がない登園でした。

そんなこんなで、自然といつもと違う道を通ることになりました。

パパ:今日はいつもと違う道を走ってるね〜。景色が違うね〜。

息子くん:だねー。

まぁ、そんな朝からついてないなーと思った登園時間も、息子くんと楽しく会話できればへっちゃらです^^

大通りから中に入るところでそれは起こった!

地図

くねくねといつもと違う道を通りながらも、いつも通る大通りにでました。

でも、大通りに出たところがいつもと違う交差点でした。
ここから道路反対側に渡って、さらに中の道に入らないといけないんだけどね。

そうはいってもそれなりに碁盤の目に道が整備されているので、まず道に迷うことはない!

はずだったんだけど。。。

パパ:よーし、今日はそこの道を右に曲がるよ〜。いつもと違うね〜。

息子くん:はーい!

よしよし、息子くんはご機嫌だ!
そして、意気揚々と道を右に曲がり、少し走らせたところでパパは気づいてしまった。

行き止まりだよ、おい。。。 orz

道が碁盤の目に整理されていると思っていたのが甘かったわけです。

なーんてこった、へこむなぁ。。。(チャギントン風)

まぁ、いいや、大した時間のロスではないし戻ればいいだけだ。

パパ:ごめんごめん、パパ道を間違えちゃった。戻るね〜。

息子くん:パパ〜、なにをまちがえちゃったの〜?

パパ:んー、道を間違えちゃったんだよ、ほら、この先には行けないでしょ〜。

そんな会話をしながらUターンしたんだけどね。

息子くん:パパ〜、みちをまちがえちゃったの〜?
息子くん:パパ〜、まちがえちゃったね〜。
息子くん:まちがえたみちは、どこにいくの〜?

などなど、パパが道が間違えちゃったことがよっぽど面白くて興味深かったらしく、もう質問やツッコミの嵐!!

パパの傷口をグリグリする息子くんが天使のような悪魔に見えるw

パパへの攻撃はその後も続く。。。

攻撃

それからというもの、ほぼ毎日保育園の登園時には

息子くん:パパ〜、またみちまちがえちゃうの〜?
息子くん:まちがえたみちは、どこにいくのかなぁ?
息子くん:まちがえたみち、いってみたいね〜。
息子くん:こんど、まちがえたみち、はしってみたい。

。。。。。。

もうね、すんごいですわ、攻撃が!

この息子くんの「みちまちがえたね攻撃」、いつか終わりが来るとは思うけど、それはそれでなんだか寂しいかも。。。と思うパパなのでした。

おしまい。

男たるもの、町の地図は頭に叩き込んでおくべきですねw

stop.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です