エルゴベビーの偽物の見分け方!いま対策はこんなに進化してる!

エルゴの偽物を絶対に買わない!そのためにエルゴベビーの正しい買い方を知っておきましょう

抱っこ

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

そろそろ新基準のSGマーク対応の抱っこ紐の新製品情報が聞こえてきそうな今日このごろ。
はたしてどんな製品が発売されるのか、期待が高まります。

【2015年10月追記】新基準対応のエルゴベビーが発表されました!

エルゴのSGマーク新基準対応抱っこひもが2015年12月発売!

2015.10.24

そして、エルゴといえば偽物問題も根が深いですよね。

米国の人気ブランド「エルゴベビー」の国内正規総代理店「ダッドウェイ」(横浜市)は2月、偽造品が出回り、危険性が高いと公式HPで注意を呼びかけた。同社の依頼で商標保護に取り組む一般社団法人「ユニオン・デ・ファブリカン」が調べたところ、エルゴベビーの名でネット通販されていた商品25点中14点が偽造品だった。
〜2015年5月11日 朝日新聞〜

記事の通りだとすればネット通販されていた商品の半分以上が正規品ではなく偽物だということですからね。

すでにエルゴを買ったパパ・ママがこういった記事を読むと
私の買ったエルゴは本物なのかしら?正規品か偽物か見分けるにはどうしたらいいの?
と、偽物と正規品の見分け方を調べはじめるパパ・ママもいるかもしれません。

今回はエルゴの偽物と正規品の見分け方とともに、エルゴの最新の偽物対策をまとめました。

スポンサーリンク

エルゴの偽物と本物の見分け方

エルゴの偽物は、パッと見は本物と見分けがつきません。
使ってみて初めて偽物だと分かることが多いそう。
何故かと言うと、偽物はパッと見は同じように見えても、正規品と違い商品の作りが粗悪だからです。

例えば・・・

  1. バックルがすぐに壊れる
  2. 布の縫い合わせが弱くすぐに破れる

つまり、強度に一番問題があるということなんですね。
赤ちゃんをしっかり抱っこするための抱っこ紐なのに、強度が弱くて危険だなんて・・・。
赤ちゃんが抱っこ紐から落下する事故が社会問題化していますが、正しく抱っこ紐を使うことはもちろん、怪しい品物を購入しないようパパ・ママも気をつけないといけません

じゃあ、自分の使っているエルゴは本物なのか、偽物なのか、簡単な見分け方を確認しておきましょう。

まず、エルゴの日本総代理店であるダッドウェイは、偽物の特徴として以下の項目を挙げています。

  1. 生地自体が薄い、芯が入っていないなど強度が保たれていない。
  2. バックルのかみ合わせがゆるい、はまりにくい。
  3. ウエストベルトがすべりやすく、使用中にゆるむ。固定されない。

やっぱり、作りが粗悪ということですね。
でも、自分が持っているエルゴが作りが粗悪かどうかって、自分の持っているエルゴをチェックしているだけじゃわかりませんよね。
周りのママ友やパパ友と自分のエルゴが本物かどうか確認しあうのがよさそうですね。

また、以下のような見解も発表しています。

オークションサイト、フリーマーケットサイトでは多数、偽造商品が確認されています。各サイトを通じて購入した「エルゴベビー」が中国から直接届いた場合は、弊社の調査によると偽造商品の可能性が高いので、特にお気を付けください。

正規販売店以外からの購入は危険だということですね。
例えば並行輸入品などは、商品の出どころがわかりにくいため、疑ってかかるべきです。
こう見ると、全てがエルゴの偽物を使ってみて初めて気づくことばかりですね・・・

エルゴの偽物対策もどんどん進化している!

エルゴベビーの偽物が多く出回っている状況を受けて、ダッドウェイも手をこまねいて見ているだけではありません。
新たな偽物対策を発表しています。

DNP(大日本印刷)のホログラム

1つはDNP(大日本印刷)のホログラムを使った偽物防止施策。

大日本印刷(以下、DNP)はこのたび、同社のホログラムが、ダッドウェイが輸入販売を行うエルゴベビー・ベビーキャリア (抱っこ紐)の保証カードに採用されたことを発表した。同ホログラムを転写したプラスチックカードを保証カードとして導入することは、DNPでは初の取り組みとなる。

エルゴ偽物防止

保証カードのイメージ。右上のホログラムはレインボーカラーに変化して日本正規品を証明する。

同ホログラムが貼付された保証カードは、11月1日以降、ベビーウエストベルト付きエルゴベビー・ベビーキャリアに順次同梱される予定だ。

〜マイナビニュースより〜

製品に同梱される保証カードが新しくなり、特別なホログラムが転写されたカードに変更されました。
正規品には必ずこの保証カードが付いてきます。

こういうのって、よく製品のパッケージに印字されてたりしますけどね。
でも、最近は今回のような保証カードにホログラムが付けられることも多いそうです。
理由は、パッケージはすぐに捨てられてしまうから。

言われてみるとそうですよね。
抱っこ紐にかぎらず、買った商品のパッケージってすぐに捨ててしまいますからね。
その点、保証カードなら万が一製品が壊れてしまった時のことを考えて手元に残します。

まぁ、我が家はすでに保証期間が切れた商品の保証書が束になっていますが。。。

また、この保証カードを使い、ユーザー登録ができるようにもなりました。
2015年12月からエルゴの保証制度がユーザー登録制に変わったんです。
このユーザー登録はインターネットから行うことができますよ!

エルゴベビーを新しく買った時は、必ずユーザー登録を行いましょう!
ユーザー登録をすることによって、メーカー保証も1年間から2年間に延長されます。
ユーザー登録が問題なくできることが、正規品と偽物を見分けるひとつの方法ともなりますからね。

スマホのカメラで偽物を判別!

もう一つの偽物防止施策が、スマホのカメラで偽物を見抜く!というもの。

スマートフォンのカメラで、布やプラスチックでできた製品が、本物か偽物かを見抜く技術をNECが開発した。製品の表面にできた細かな模様を読み取ることで判別する。11月に発売される人気ブランドの抱っこ紐で初めて実用化され、偽物の撲滅を目指す。

この技術を、抱っこ紐の米国人気ブランド「エルゴベビー」の国内正規総代理店「ダッドウェイ」が11月1日に発売の「エルゴベビー・ベビーキャリア」で初採用。布部分など製品の特定の部分の情報が登録されており、そこをスマホで撮影することで本物かどうか確認できる。

これはすごいですね。
スマホで撮った写真で偽物かどうかを判別できる。
こちらは2015年11月以降に発売されたエルゴから採用されているということです。

この技術は、エルゴだけでなく服飾のアパレルメーカーでも採用が進んでいくかもしれませんね。
高級ブランドのバッグとか、需要がかなりありそうですよ。
鑑定士や本当にそのブランドに精通している人でなければ、ブランド品の見分け方なんてわかりませんよ。
少なくとも、私には絶対ブランド品と偽物の判別なんかできませんw

まとめ

メーカーも偽物対策に本気です。
これから先、エルゴベビーの偽物は少なくなっていくかもしれませんね。
でも、一番の偽物対策は、格安・特価といった怪しい言葉に惑わされず、安全なところから買うことであるということも、覚えておきましょう!

こちらの記事もおすすめです

Amazonプライムを知ってますか?子育て中のパパ・ママに真剣におすすめできます!

新米パパ・ママにお得がいっぱい!Amazonプライムをおすすめする6つの理由

2016.10.06

自称イクメンが選ぶパパが使うとかっこいい抱っこ紐3選!

2015.07.17

キューズベリーの抱っこひもは赤ちゃんの寝かしつけに便利です!

2015.04.01

マンジュカを徹底解剖!エルゴより優れた3つの機能を持つ抱っこ紐はここがすごい!

2015.03.13
oyako.jpg