マジ!?江戸川区自然動物園が入園料無料なのにクオリティ高すぎ!

下手な動物園に行くより、行船公園の中にある江戸川区自然動物園のほうが絶対に良いって!!

江戸川区自然動物園

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

今日の子育てブログは、東京の子供の遊び場の紹介です。

この間の日曜日に江戸川区の行船公園の中にある江戸川区自然動物園に子供を連れて遊びに行ってきたんですよ!

前々からこの動物園の情報だけはゲットしていて、ずっと気になっていたんですけど、暖かくなってきたしそろそろ動物園日和(?)だな、と思って足を伸ばしてみたんですけど。。。

想像以上に良い子供の遊び場でしたよ!

スポンサーリンク

行船公園の中にある江戸川区自然動物園の概要

江戸川区自然動物園

まずは、行船公園の中にある江戸川区自然動物園の概要から。

開園時間:午前10時から午後4時30分
*土曜日・日曜日・祝日は午前9時30分から
*11月から2月は午後4時まで
*夏季(7月21日から8月31日)は午前9時30分から午後4時30分
休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入園料:無料

なにより嬉しいのは、入園料が無料だということ!
東京都内に入園料が無料の動物園があるっていうこと自体がびっくり!!

でもね、この行船公園の江戸川区自然動物園ははっきり言って無料で本当にイイの?って疑ってしまうほどの高クオリティなんですよ!!

東京にもいろいろと動物園がありますけど、初めて子供を動物園に連れていくなら、間違いなくこの江戸川区自然動物園に連れてくのが正解です!

だって、最初にちょっと入場料お高めの動物園に連れて行って、子供が全く楽しそうにしなかったら親としては相当へこむじゃないですか。。。

行船公園の江戸川区自然動物園のここがすごい!

行船公園の江戸川区自然動物園のここがすごい!!っていうところを挙げていって説明しちゃいますよ!

1.動物の種類が豊富

行船公園の江戸川区自然動物園は入園料が無料とは思えないほど、たくさんの動物達が飼育されています。

どんな動物たちがいるかというと

・レッサーパンダ
・オグロプレーリードッグ
・ワラビー
・フンボルトペンギン
・コモンリスザル

などです。結構有名どころで可愛い動物たちがいっぱいなんですよ!

上には書きませんでしたが、特に猿の種類が豊富で、数種類の猿を見ることができちゃいます。

江戸川区自然動物園

2.直接触れ合える動物たちがいっぱい

これが江戸川区自然動物園のすごいところ!

直接触れ合える動物たちがいっぱいなんです!!

どんな動物たちと触れ合えるかというと

・羊
・やぎ
・うさぎ
・モルモット
・にわとり

などです!

しかも、この動物たちと直接触れ合うのにも、お金はかからないんです!!

息子くんが動物たちと触れ合っている写真がこちら!

江戸川区自然動物園

子どもたちに一番人気のうさぎをなでなでしています^^
この間日記に書いた千葉のアロハガーデンたてやまもそうだったけど、子どもたちが直接動物に触れ合えるっていうのはとてもうれしいですね!!

息子くんは大きいひつじややぎなどはちょっと苦手のようで、あまり触りたがらなかったけど、うさぎは大好きのようです^^

東京都内でこんなに動物と触れ合える場所があるなんて、すごいことだと思いませんか?

動物に触るにも親が手本を見せることが大切

今回、江戸川区自然動物園に行って感じたことがあります。

それは、子供に動物を触ってみたらと促すだけではダメだということ。

ちゃんと親が先に動物を触ったり抱っこしてあげたりして、この動物は怖くないよというのをしっかり手本として見せてあげることが大事なんだと痛感しました。

正直、Kotanosukeは動物はあまり得意ではありません。
そんな親の姿を見てる息子くんに、動物に触ってきなよーと言っても全く説得力が無いですよね。。。

今回はパパが積極的に動物を触ったり抱っこしたりして見本を見せることをちょっとだけ頑張りましたw

子供に動物と触れ合わせたいと思っているパパママ。
ぜひ、親が積極的に動物と触れ合っている姿を子供に見せてあげてくださいね!

暑い夏の季節、お出かけするときには必ず日焼け止め

暑い夏や、日差しがきつい時期、お出かけするときに子供に日焼け止めを塗っていますか?
我が家は奥さんがせっせと日焼け止めを子供に塗っていて、その影響から私も日焼け止めを使うようになってきました。

子供は真っ黒になってナンボ!日焼け止めなんて塗らなくたって平気だよ!っていうパパ。

すぐに考えを改めてください。

子供の時に紫外線を浴びすぎると、なんと20歳頃から皮膚に老化現象が出てきてしまうそうなんです。

大切な子供の肌を紫外線から守るのは親の役目です!

どんな日焼け止めがいいのか?

肌が弱い赤ちゃんや子供の日焼け止めは、できるだけ刺激が少なくベタつかないものを選んであげてください。

我が家では、資生堂の2e(ドゥーエ)のプロテクトミルクという日焼け止めを使っています。

2E(ドゥーエ) ベビープラス BABY PLUS UVプロテクトミルク 30ML(SPF20・PA++)

2E(ドゥーエ) ベビープラス BABY PLUS UVプロテクトミルク 30ML(SPF20・PA++)

資生堂の2e(ドゥーエ)Baby Plusは、赤ちゃんのすこやかな肌を守りたいというコンセプトで作られた「低刺激性スキンケア製品」です。
医療機関でしか販売されてなく、Amazonでもドラッグストアの出店者からしか購入できません。

うちの子供も肌が強い方ではなく、虫さされなどするとひどく赤く腫れるのですが、2e(ドゥーエ)Baby Plusを使っていて肌荒れを起こしたことはありません。

赤ちゃんや子供の今だけでなく、その先の将来の肌を守ってあげるために、2e(ドゥーエ)Baby Plusを使ってあげてください。

動物園で写真を撮りたいならこちらの本がおすすめ

動物園・水族館で写真を撮るときのコツを教えてくれる本です。
一眼レフじゃなくても、商品レビューにもある通り家にある普通のデジカメでも、この本に書いてある撮り方をすれば劇的に写真が変わるようですよ!!

こちらの記事もおすすめです

Amazonプライムを知ってますか?子育て中のパパ・ママに真剣におすすめできます!

新米パパ・ママにお得がいっぱい!Amazonプライムをおすすめする6つの理由

2016.10.06
IMG_2036.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です