[Kindle]仕事も育児も頑張りたいパパのための本 〜「働くパパ」の時間術〜

どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

毎日仕事に忙しいパパ達。
育児を頑張りたいと思っても毎日の仕事に追われ、家に帰った時には奥さんも子供もすでに夢の中。。。
そんなパパたちが多いはずです。

私も毎日仕事をロクピタしたいと思いつつも、それができないもどかしさがあります。

今回紹介する 〜「働くパパ」の時間術〜は、忙しいパパ達に時間を生み出すためのコツや考え方などを教えてくれます。

時間の二毛作を実践しよう!

時間の二毛作、これがまず私に響いたポイントでした。
著者である栗田正行さんが言う時間の二毛作とは

何かをしながら同時並行して物事を進める、これが時間の「二毛作」という考え方なのです。

だそうです。
要は如何に効率的に動くか。。。ということですね。

私はこの「同時並行して物事を進める」ということが大の苦手です。
単純な脳味噌しか所持していない私は、一つのことを考えているともう一つのことがすっかり頭の中から抜けていってしまうのです。。。

おそらくこの考え方って、男性は苦手な方が多いんじゃないかなーと思います。
一つのことに夢中になってまっしぐら!という男性、多いですもんね。
逆に女性はこの「同時並行して物事を進める」ことは得意なのではないでしょうか。
私の奥さんはこれにとても秀でていて、いつも「すごいな〜」と関心しきりです。
逆に、なんで効率的に動けないの!といつもお叱りを受けております。。。

時間を作るにはまず効率的に動く!!

当たり前のことだけど難しい、でもとても大切だということを教えてくれました。

いつも一緒がいいとは限らない!!

私はとても寂しがりやなので、いつも家族一緒に行動したいと考えていました。

しかし、栗田さんが言うには

大切なのは、いつでもどこでも家族一緒がベストではないと気づき、日々臨機応変に家事をこなすことです。

だそうです。

うーん、なるほど。。。と思いながらも、やっぱりいつも一緒に行動したいと思う自分がいたり。。。
でも、冷静になって考えると、いつも一緒に行動したいと思うのは単なる自分のわがままであり、本当に家族のためになっているのかを考えてみると怪しいと言わざるを得ないことに気づきます。

奥さんが、子供が楽しく毎日過ごしてくれることを第一に考えれば、おのずと答えは見えてくるはずです。
特に子供が小さいうちはめまぐるしく毎日が過ぎていくので、「臨機応変」に立ち回れないとダメですよね。

パパとしてだけでなく男として知っておくべきことが豊富に書かれています!

2つ、本に取り上げられていたことで自分に響いたことを取り上げてみましたが、この本は単にパパとしての心構えや時間の使い方、考え方を教えてくれる訳ではなく、仕事への考え方、取り組み方などについても多くのことを気づかせてくれます。
働いてお金を稼ぐことが必要である以上、仕事とパパ業は切り離せないわけですしね。

パパとしてだけでなく男として知っておくべきことが多く書かれているこの本、一度読んでみてはいかがでしょうか。

kindle