保育園へ預ける前に朝ごはんをしっかり食べさせる2つのルール

保育園に子供を預けるのであれば、朝ごはんをしっかり食べさせないと子供が午前中を乗りきれませんよ!

朝ごはん

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

保育園に子供を預けているパパ・ママさん、子供にしっかり朝ごはんを食べさせていますか?

うちの子供を預けている保育園は、午前中から活発に子供を園庭で遊ばせています。
朝ごはんをしっかり食べさせておかないと、子供がエネルギー切れを起こしちゃいます。

うちの子供は2歳11ヶ月になります。
保育園には子供が9ヶ月の頃から預けていますが、その時から子供に朝ごはんはしっかり食べさせています。
多分、朝ごはんを食べさせずに保育園に預けたことって無いんじゃないかなぁ。。。

今回は、保育園に子供を預けている我が家が子供に朝ごはんをしっかり食べさせるために実践している2つのルールをご紹介します。

保育園に子供を預けているパパ・ママの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ルール1 朝ごはんのメニューに手間をかけない

我が家では、毎日の朝ごはんのメニューはとにかく手間がかからないものにしています。

手間はかけませんが、子供のエネルギー源になるものをしっかり食べさせることを重点におくことにしています。

この後で我が家の朝ごはんのメニューを書きますが、我が家の朝ごはんはとてもシンプルですし、毎日変わり映えしません。

でも、うちの子供は毎日もぐもぐとたくさん食べてくれます。

朝ごはんに手間はかけなくても意外と大丈夫なんですよ!

栄養的に足りないよ!って言われるかも知れませんが、朝ごはんを食べないで保育園にあずけるよりは全然OK!というスタンスですw

子供を保育園に預け始めた頃(0歳児の頃)〜離乳食卒業時期の朝ごはん

子供を保育園に預け始めた時はまだ9か月でした。

9か月というと中期離乳食に変わり始めるときで、まだまだ授乳が必要な時期です。
その時期の朝ごはんは以下のメニューが中心でした。

・パンがゆ(粉ミルクでパンを柔らかくする)
・くだもの

朝ごはんで特に離乳食を食べさせることはしませんでした。

うちの子供は母乳育児だったため、哺乳瓶と粉ミルクがとても苦手でした。
保育園では哺乳瓶で粉ミルクを飲んでくれない日がとても多かったんです。
離乳食は保育園の食事と、夜ごはんでしっかり進めることにして、朝ごはんは少しでも粉ミルクの味に慣れさせるために粉ミルクでパンがゆを作って、毎朝食べさせていました。
不思議と粉ミルクもパンがゆにすれば好んで食べてくれたんですよね。

でも、結局最後まで哺乳瓶と粉ミルクは苦手なままでした。
保育園側が離乳食を少し早目に進めてくれて、粉ミルクを飲む量が少なくても大丈夫なように調整してくれたのが助かりました。

離乳食が終わるまで朝ごはんはパンがゆとくだものでした。
でも、それでもうちの子供は嫌がることなく毎日食べてくれました。

離乳食卒業後の朝ごはん

子供が離乳食を卒業した後は、朝ごはんのメニューは以下の内容に変わりました。
そして、今もこのメニューが基本です。

パン or グラノーラ

離乳食終了直後は、食パンやバターロールをそのまま食べさせていました。

今は、パンをハムチーズトーストやレーズンバターロールにしたり、パンではなくグラノーラにしたりして、バリエーションを持たせています。

ヨーグルト

我が家はヨーグルトは家で作っています。
もともとばあばがカスピ海ヨーグルトを作っていたため、ヨーグルト種をもらって作るようにしたんですね。
その手作りヨーグルトにジャムを入れて食べています。

牛乳

もともとは牛乳の味に慣れさせるために飲ませ始めました。
保育園で毎日牛乳を飲んでいることもあり、うちの子供は牛乳が大好きになりました。
とくに牛乳を飲んだからといってお腹が緩くなるということもなく、体質的にも問題ないようです。

くだもの

季節の旬のくだものを毎朝食べています。
冬場であればいちごやりんご、夏場であればスイカといった感じで、旬の美味しいくだものを食べさせるようにしています。

パパが朝ごはんの準備担当になることもできるメニューにするのもGOOD!

我が家の朝ごはんをご紹介しましたがいかがでしょうか?

かなりシンプルです。
そして、準備に手間がかかりません!

どんなに料理が苦手な人でも簡単に準備ができます。

つまり、料理が苦手なパパでも準備ができちゃうわけですよ。

はっきり言って、男性は朝の出勤準備なんてあっという間に終わります。
着替えて顔を洗って髪をセットするぐらいですよね。
逆に女性はお化粧がある分、身だしなみの準備に時間がかかります。

思い切って朝ごはんの準備の担当はパパが引き受けるのはいかがでしょうか!
そうすれば、ママも多少なりとも余裕を持って朝の時間を過ごすことができるようになると思いますよ!

ルール2 家をでる1時間30分前には子供を起こす

朝、子供にしっかり朝ごはんを食べさせるために必要なのは時間です。
家を出る1時間30分前に子供が起きてくれれば、しっかり朝ごはんを食べる時間を持つことができます。

できれば、パパ・ママはそれより早く起きて、基本的な身支度(着替え・顔を洗うなど)だけでも終わらせておくのが理想です。

0歳~1歳の頃は食事の時間自体が長くかかりますので、できれば2時間前に起こすようにできるとベスト!

我が家の場合、子供を保育園に預けるために家を出る時間は8時です。
その1時間30分前というと6時30分ですね。

実は、この朝が起きる時間については、早寝早起きの生活リズムがしっかりできれば、子供は自然と目が覚めてくれるようになります。

朝、子供が自然に目を覚ましてくれるようになると、とっても楽ですよ!
ちなみに、うちの子供はパパ・ママより早起きです。
6時前に起きることもしょっちゅうです。

早寝早起きの早く寝るという時間帯の目安は20時台。
我が家では0歳児の頃は20時までに寝かせつけていました。
遅くとも21時までに寝るようにすれば、朝6時台に起きてくれるようになります。
あまり早く起きられちゃうのも親は辛いですけどね。それでも起きてくれないより全然マシですよ。

どうしても子供が朝起きてくれない場合

でも、子供が早く寝かせようとしても寝てくれないし、早く起こそうとしても起きてくれないとお悩みのパパ・ママも多いですよね。

そこで、私の考えをひとつご紹介します。

早寝早起きと一般的に言われますが、私は早起き早寝が正しい言い方だと思っています。
早く起きればその分夜早く眠くなります。
大人だってそうですよね?
子供も同じです。

どうしても子供が朝起きてくれないという場合は、少し強引にでも朝起こしてください。そして、それを毎日続けてください。
そして、少しでも夜早く眠くなるようなリズムに切り替えていきましょう!

早く起きる⇒朝ごはんをしっかり食べる⇒早く寝る
これが1クールだと思ってがんばりましょう!

まとめ

我が家の朝ごはんの実例をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

正直、毎日がこんな風にうまくいっているわけではありません。

よく考えてみてください。
大人だって、体調によっては朝ごはんを食べたくない時がありますよね?
子供だって、どうしてもご飯を食べたくない時があるはずです。
我が家はどうしても子供がご飯を食べたくないという雰囲気の時は、無理せず食べられた分だけで食事を終わらせています。

あまり無理強いをしても良い結果にはならないだろうなーと思っています。

まずは規則正しい生活をすることを心がけてみてください。
朝ごはんだけでなく、子供の1日の生活がきっと良い方向に向かうと想いますよ!

徹底した安全・安心!食材の宅配なら秋川牧園

自分の家族・子供には美味しくて安全な食べ物を食べさせてあげたい!

それなら、秋川牧園のお試しセットを試してみませんか?

徹底的な放射能検査と生産管理で、安全安心な食材を宅配してくれる秋川牧園。
「オイシックス」や「らでぃっしゅぼーや」といった野菜の宅配を行っている会社にも食材を提供している会社で信頼性も抜群です!

こちらの記事もおすすめです

共働きで子育てをしている我が家の一日について赤裸々に書いてみた
共働きで子育てをしている他のご家庭がどうやって家事をこなしているのかが気になります。 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも、Ko
食品の放射能検査の徹底ぶりがすごい!秋川牧園のお試し野菜・卵・乳製品セットをレビュー!
秋川牧園は食品の放射能検査の徹底ぶりがすごい!安全・安心な食材を子供に食べさせたいのなら間違いなくおすすめ!! 子育てに奮闘中のパパさ
赤ちゃんを寝かしつける音楽は何がいい?やっぱりパパの歌でしょ!!
赤ちゃんを寝かしつけるときの音楽はやっぱりパパの歌が一番だよ! 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも、Kotanosuke(@k
breakfast.jpg