保育園の運動会でがんばった自分の子供を見てパパが思った3つのこと

保育園の運動会。自分の子供ががんばる姿をみて思ったことがあります。

保育園の運動会

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
こんにちは、パパブロガー こた(@kotanosuke57)です。

先日、子供が通う保育園で運動会がありました。

小さい体を動かして、楽しそうにしている自分の子供の姿を見て

こた
大きくなったもんだなぁ・・・

と、しみじみ感じた1日でした。

でもね、それと同時に、いろいろと考えさせられたこともあるんです。

今回は、保育園の運動会でがんばった自分の子供を見てパパが思った3つのことをまとめました。

スポンサ-リンク

保育園の運動会でがんばった自分の子供を見てパパが思った3つのこと

自分の子供ががんばって運動する姿をみて、素直に感動したのは事実。

でもね、それと同時に思ったことが3つありました。

この思いを忘れないよう、自分のブログに書き残して置こうと思います。

1.できないところより、できたところを見る!

まず、できないところより、できたところを見ることが大切ってこと。

うちの子供、同じ学年の子に比べて明らかに体が小さいんです。

ひとまわり、いや、ふたまわり以上小さい・・・。

背の順に並ばせたら、ダントツで一番前になってしまうことでしょう。

だから、かけっこも圧倒的に遅いし、力も弱いから鉄棒でも自分の体を支えられない・・・。

例えば、鉄棒でも同じ学年の子は前回りとか逆上がりまでできちゃう子もいるんですが、うちの子は全然できません。

そういう姿をみていると、ついつい「なんでうちの子はできないんだ!」って思っちゃう・・・。

でもね、それじゃいけないんです。
うちの子はうちの子なりにがんばっているんです。

ちゃんとうちの子が、いま精いっぱいがんばってできることを見てあげることが大切なんですよね。

2.いっぱい認めてあげよう&褒めてあげよう!

1にあげたことと絡みますが、うちの子どもができたことをしっかりと認めてあげよう&褒めてあげようと思いました。

簡単にできるのは、去年との違いを伝えることですね。

ダンスは去年より上手に踊れていたし、かけっこだって去年より早くなっていたことは間違いない。

できなかったことを指摘するより、できたことをたくさん認めてあげる&褒めてあげる。

それが、その先のやる気につながるだろうなーって信じてます。

3.一緒に体を動かす時間をもっと持とう!

我が家は共働きです。

平日はなかなか一緒に体を動かす時間を持つことはできません。

だからこそ、土日などのお休みの日は、一緒に公園にいって体を動かして遊ぶ時間をたくさん持とうと思いました。

子供にとって、親は一番の見本。
私が積極的に外の公園でかけっこを楽しんだり鉄棒を楽しんだりすれば、きっと子供にもいい影響を与えられるだろうなーってね。

とりあえず、この本を読んで子供と一緒に楽しんで運動する方法を考えてみることにしました。

まとめ

自分への戒めもこめて、保育園の運動会でがんばった自分の子供を見て私が思ったを書いてみました。

  1. できないところより、できたところを見る!
  2. いっぱい褒めてあげよう!
  3. 一緒に体を動かす時間をもっと持とう!

これからも、この3つの思いを忘れずに子供と接してあげようと思います。

こちらの記事もおすすめです

子どもが褒められたら一緒になって喜ぼう!謙遜なんてしても子どものためにならないよ!

2017.04.20

子どもの「どうして?」に真剣に応えるには人として重要なスキルが必要だというお話

2016.04.13
〜こたろぐのおすすめ記事〜
家事代行を使ってみたよ!→家事代行「ベアーズ」の口コミレビュー!!

子育て家庭にAmazonプライムがお得すぎ!→知らなきゃ損!おすすめ理由は6つ
スポンサーリンク

シェアもよろしくお願いします!