マミーポコを2年間子供に使っているパパがみんなの疑問に応えるよ

数あるオムツの中でマミーポコを使おうか悩んでいるパパ・ママの疑問にお応えします

マミーポコ

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

みなさんはお子さんにどこのメーカーのどのオムツを使っていますか?

私が思うに、赤ちゃんが生まれて初めてのオムツは

  1. パンパース
  2. ムーニー
  3. メリーズ

の3大オムツのどれかを使っていると思うんです。

我が家も子供が生まれてからしばらくは、アカチャンホンポやベビーザらスの特売価格を見て、上の3つのうちのどれかを買うようにしてました。

でもね、オムツにはもうひとつ、オムツ売り場でよく見かける商品があります。

それがマミーポコです。

でも、マミーポコを使うことを躊躇するパパ・ママも多いはず。

今回は、子供に2年間マミーポコを使い続けているパパが、良いところ悪いところをまとめてみました。

なぜマミーポコは価格が安いのか?評判は?漏れやすくないのか?おむつかぶれはしないのか?
マミーポコの疑問はここで解決!

スポンサーリンク

マミーポコってどんなオムツ?

マミーポコ パンツ Mサイズ 58枚

マミーポコはユニ・チャームが製造・販売しているオムツです。
ユニ・チャームが製造・販売しているオムツには、ムーニーというもうひとつ別のブランドがあります。

簡単な区分けをしてしまえば、ムーニーは高級路線マミーポコは低価格路線のオムツです。
低価格路線と聞くと、やっぱり品質が気になってしまうんですよね、みんな。

評判ってどうなのよ!イイの?悪いの?

それじゃ、マミーポコの評判って世間一般ではどうなんでしょう?

Amazonでの評価を見ると、テープよりパンツのほうが評価が高いですね。
これは、子供が新生児に近い時のほうがパパ・ママのオムツに対する評価が厳しいからということもありそうです。

正直言うと、私も自分の子供には、テープタイプのオムツを使っていた時はパンパース、ムーニー、メリーズのいづれかを使っていました。
やっぱり、産まれたばかりの赤ちゃんの時は、絶対にいいオムツを使ってあげたいと思うじゃないですか。
どの育児雑誌をみても、特にパンパースは鉄板の商品って書いてありますしね。

でも、パンツタイプになるとマミーポコの評価は上がります。
Amazonでも概ね5点満点中4点以上の評価を得ているんですよね。
マミーポコの公式サイトでも、パンツタイプのオムツが10年連続で売上No.1と謳っていますし、リピート率も高いようですからね。

我が家でも、子供がパンツタイプのオムツを使うようになってからは、ほぼマミーポコ一筋です。
我が家と同じように、最初は価格が高い紙おむつを使っていたけど、パンツタイプからマミーポコに切り替えるご家庭が多いことがわかります。

良いところはこんなところ

じゃあ、実際にマミーポコってどうなのっていう疑問に応えるべく、マミーポコの良いところ悪いところを整理してみました。

1.価格が安い

マミーポコの良いところ、それは間違いなく価格が安いというところですよね。
マミーポコを製造・販売しているユニ・チャームのもうひとつのオムツブランド、ムーニーと比べてみると一目瞭然です。

Lサイズでの1枚あたりの価格(Amazon調べ)

マミーポコ ムーニー
価格 21円/枚 27円/枚

ムーニーと比べ1枚あたりの価格で6円も違います。
100枚買えば600円の差です!

もう少し具体的に考えてみましょう。
2〜3歳ぐらいの子供だと、一日に使うオムツの枚数は3〜4枚ぐらいですよね。
多めに考えて4枚だとして、100枚÷4枚=25日分。
25日分のオムツで600円の差ができるわけです。
年間で考えれば、8000円ぐらいの差になっちゃいます!

8000円もあれば、子供の誕生日やクリスマスプレゼントにかなりいい商品が買えちゃいますよw

日本では「安かろう悪かろう」という考え方が根強いです。
多くのパパ・ママがマミーポコを使うか悩んでしまうのは、この低価格、価格が安いということで品質が悪いんじゃないだろうかと考えてしまうからです。

2.驚きのおしっこ最大12時間吸収!

マミーポコの特徴のひとつはこのおしっこの最大吸収量。
なんと最大12時間分のおしっこを吸収できるという高吸収性ポリマーの「さらさらたっぷり吸収体」が標準装備してます。
長時間のお出かけや、夜の就寝時などでも安心です。

ちなみに、ムーニーも同様の最大12時間吸収の高吸収性ポリマーを使っていますので、ここは高級路線のムーニーと低価格路線のマミーポコでも全く差がありません。

もともと、マミーポコのおしっこ吸収量はもっと少なかったんですよ。
でも、ユニ・チャームがマミーポコにもっと力を入れたいと思ったのか、2年ほど前にこのおしっこ吸収量をムーニーと揃えたんです。
価格が安いからといって、すぐにおしっこでオムツがパンパンになってしまって、こまめにオムツを変えることになってしまったら意味が無いですからね。

おしっこの吸収量が高級路線と同じというのは、かなりポイントが高いところです。

3.絵柄がみんな大好きミッキーマウス!

マミーポコの柄は、みんな大好きミッキーマウス!

ユニ・チャームのオムツはディズニー系のキャラクターが絵柄に使われていますよね。
ムーニー・・・プーさん
トレパンマン・・・男の子用はバズ・ライトイヤー、女の子はミニー&デイジー
オヤスミマン・・・男の子用はカーズ、女の子はディズニーのプリンセス

ディズニーが大好きということでユニ・チャームのオムツを選ぶパパ・ママも多いですよね。
こういったわかりやすいキャラクターっていいですよね。
例えば、パンパースは「しまじろう」がメインキャラクターですが、ワールドワイドで有名なミッキーマウスのほうが嬉しいと思うのは私だけでしょうか。

悪いところはどこ?

良いところあれば悪いところあり。
マミーポコのオムツで、ちょっと劣るところもまとめておきましょう。
こういうのって、実際に使ってみて初めて分かるところですし、商品のホームページには書かれていないポイントです。

1.紙の質

なぜマミーポコは価格が安いのか?
それはおむつ自体の紙の質に大きな差があるからです。

ムーニーやパンパースなどの高級路線のオムツに比べ、マミーポコは明らかに紙質が劣ります
これは間違いありません。

ムーニーやパンパース、メリーズはオムツを触ると紙が柔らかくフワッとした手触りです。
しかし、マミーポコはフワッとした手触りではなかく、どちらかというとゴワッとした手触りです。

そして、紙の質が劣ることを一番感じるのはオムツを破る時です。
オムツを交換するとき、オムツの脇の部分を破って脱がせることって多いですよね?
高級路線のオムツは、それほど力を入れなくても簡単に破くことができます。
それこそふわっとした(?)破り心地で、気持ちよ~く破けます。

しかし、マミーポコの場合は

ビリビリッ

と破くというより、ちぎる感じです。
破くのにもけっこう力が必要です。
今までムーニーやパンパースで簡単に破けるオムツに慣れていると、マミーポコのオムツは最初はすごく破きにくいと感じるでしょうね。

2.オムツの交換時期がわかるお知らせラインが無い

ムーニーやパンパースには、吸水ポリマーがどのぐらいおしっこを吸っているかがわかる、お知らせラインって付いてますよね。

マミーポコにはお知らせラインがありません。

ですから、オムツの交換タイミングはオムツを直接触ってみて判断することになります。
お知らせラインでオムツの交換時期を判断しているパパ・ママには不便と感じるかも。。。

2年間子供に使っていたパパがみんなの疑問に答えてみる

マミーポコの良いところ、悪いところを書いてみました。
それでは、実際にみなさんの疑問を持つであろうところに、私が自分の子供にマミーポコを履かせていた経験から回答してみましょう。

<

h3>やっぱりおむつかぶれが多いんじゃないの?紙質が劣るんでしょ!?/h3>

うちの子供はおむつかぶれはしていません。

うちの子は特に肌が強いというわけでもないです。
蚊に刺されればものすごく腫れあがりますし、とびひになったこともあります。
でも、うちの子供はマミーポコを使っていたから腰回りやおしりが肌荒れしたとかはなかったですね。

もちろん子供によって肌に合う合わないがあるでしょうが、おむつかぶれはそれほど心配はしなくていいでしょう。

おしっこがオムツから漏れやすいんじゃないの?

マミーポコにしたからおしっこが漏れることが増えたと感じたことは全く無いです。

もちろん、おしっこが漏れたことが全く無いとは言いません。
ただ、それは長時間オムツを交換しないでいて、吸水ポリマーがパンパンになってしまった時がほとんどです。
あとは、うちの子は男の子ですからちょっとアレのポジションが悪かったからだとか。。。
それぐらいです。

夜、寝ている時は漏れるかというとそんなことも無いですね。
メリーズやムーニーを使っていても漏れるときは漏れましたからね。
どんなオムツを使っても絶対に漏れないなんてことはありませんから、気にしなくてもいいポイントだと思いますよ。

子供に履かせてゴワゴワした感じ嫌がらなかった?

うちの子供はまったく嫌がりませんでしたねw
もちろん1〜2歳の子供にオムツの履き心地がいいかなんて聞いても答えてはくれませんが、でもマミーポコを履かせていて変に嫌がったりとか、脱ぎたがったりすることは無かったですよ。

おむつ交換のお知らせラインが無くて不便じゃなかった?

不便じゃありませんよー。

おむつ交換のお知らせラインは、確かに最初は「無いのか〜」と思いましたが、すぐに全く気にならなくなりましたw

2〜3歳になればおしっこの間隔も空いてくるし、よっぽど長い時間履かせ続けなければ、吸水ポリマーもそうそう満タンにはなりません。
ちゃんと数時間おきにオムツの吸水具合をチェックして、ちょっとオムツを手で触ればどのぐらい溜まっているかはすぐに分かりますからね。

おすすめなのか?それともやめておいたほうがいいのか?

マミーポコの良いところ、悪いところ、そしてみなさんの疑問に思うであろうところをまとめてみましたが、結局マミーポコはおすすめなのか!?

私はマミーポコをおすすめします。

とにかく、マミーポコは価格が安いというところが何より大きいです。

製品の質はムーニーやパンパースと比べると確かに落ちますが、それはムーニーやパンパースと比べるからそう思ってしまうんです。
自分の大切な子供によりよいオムツを履かせてあげたいとは誰しもが思うこと。
でも、うちの子供に限って言えば、おむつかぶれはしないですし、おしっこの漏れもない、履かせても嫌がらない
他のオムツにする理由がありません。

ただ、産まれたばかりの赤ちゃんは肌が強いか弱いかはすぐにわかりません。
産まれたばかりの赤ちゃんにはパンパースやムーニーといった高級路線の紙おむつを使い、パンツタイプに切り替えるときにマミーポコに切り替えてみるのがよいでしょう。
0〜1歳ぐらいは肌が強い弱いというのを慎重に見極めたいでしょうから、最初は高級路線の紙おむつを使うほうがパパ・ママとしては安心ですよね。

そもそも、マミーポコはパンツおむつで10年連続で売上数量No.1を誇っている製品です。
*インテージSRIデータ 2005年1月〜2014年12月ベビー用紙おむつ(パンツタイプ)市場累計販売容量

品質に本当に問題があるんだとしたら、こんなに多くのパパ・ママたちが使い続けるわけがありません。
最近は悪いうわさはネットであっという間に広がりますからねー。

まとめ

マミーポコのおむつは、コストパフォーマンスと品質のバランスが取れた商品です。
リピート率も81%と一度使い始めたらそのまま使い続けるパパ・ママが多いという統計もあります。

子供に使うオムツを見直したいと思っているパパ・ママは、一度でいいのでマミーポコを試してみてはいかがですか?

こちらの記事もおすすめです

Amazonプライムを知ってますか?子育て中のパパ・ママに真剣におすすめできます!

新米パパ・ママにお得がいっぱい!Amazonプライムをおすすめする6つの理由

2016.10.06

知らないと後悔する赤ちゃん・幼児のヒヤリハット6つの事例!

2015.11.20

保育園の保育参加の流れと感想まとめ。保育士さんは偉大です

2015.11.05

驚愕!妊婦さんも温泉入って大丈夫になった驚くべき理由とは?!

2015.11.02
mamypoko.png