アラフォーの私が子ども〜学生のころに読んだスポーツ漫画 おすすめ8選!

アラフォーの人たちが読んだら懐かしいと思うスポーツ漫画たちをご紹介します!

Manga

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

わたしが子どものころ、漫画を読まない日はないという感じの漫画好きでした。
自分の両親も漫画好きだったこともあり、家には大量の漫画がありました。
細かく数えたことはありませんが、かるく1000冊は超えていたでしょう。

今回は私が小学生〜高校生、大学生ぐらいに読んだ漫画で、いま読み直しても間違いなく面白いスポーツ漫画をまとめてみました!

スポンサーリンク

アラフォーの私が子どものころに読んだスポーツ漫画 おすすめ8選

キャプテン翼

これはもう細かい説明はいらないでしょう。
サッカー漫画の金字塔といえるキャプテン翼。
アラフォーの男なら、子どものころに「ヒールリフト」とか「ツインシュート」とか、試した経験ありでしょう。
ないとは言わせない!(笑)

スポーツ漫画に「必殺技」をうまく取り込むスタイルを確立した漫画でしょう。
当時発売されたファミコンやスーパーファミコンのキャプテン翼のゲームもやりまくった記憶があります。
懐かしいなー、久しぶりにプレイしてみたい。。。
エ◯ュレーターを使ってみるか。。。

オフサイド

塀内夏子氏の初期の作品、オフサイド。
高校サッカーを題材にした作品ですね。

主人公がキーパーからストライカーにポジションが変わるって、この作品以外にはないんじゃないですかな。
弱小校が強豪校を破って日本一に。
その後、挫折を味わうもふたたび日本一に。
少年漫画の王道のようなストーリーを楽しむことができる作品です。

ラフ

あだち充の名作「タッチ」のあとに連載された「ラフ」です。
個人的にはタッチよりこのラフのほうが大好きです。
スポーツ漫画というよりは恋愛漫画ですが好きだったなぁ、この漫画。

主人公とヒロインは、ともに実家が和菓子屋。
最初は険悪なムードも、少しずつ距離が縮まっていく・・・というストーリー。
漫画の最後の終わり方がちょっと消化不良と感じた人も多いはず。
あだち充らしいといえばらしいんですけどね、ぼやかして終わる・・・っていうか。

その後、2人が最終的にどうなったかが知りたい漫画です(笑)

残念ながらKindle化されていません・・・。

俺たちのフィールド

少年サンデーで連載されたサッカー漫画でイチオシなのがこの俺たちのフィールド。
村枝賢一氏のスピードと迫力がある画に引きこまれます。

ちょうど日本でJリーグが開幕し、ワールドカップにも出場するというときに連載されていたんですよね。
漫画のストーリーもそれとリンクするように描かれていたので、一体ストーリーをどのように完結させるつもりなのか、ワクワクしながら読んでいた記憶があります。

でも、一番忘れられないのが「非紳士的行為」。
作中にコーナーポストを使ってジャンプするシーンがあるんですが、それが「非紳士的行為」にあたるとして審判に注意されるんですよね。

それ、キャプテン翼じゃ普通の世界だから!ってツッコミを入れた人、いっぱいいると思うんですが、どうでしょう(笑)

帯をギュッとね!

少年サンデーで連載されていた帯をギュッとね!。
高校柔道を題材にした作品ですね。
柔道というものをしっかりと描きつつも、適度にギャグを織り交ぜる手法で人気のあった柔道漫画です。

個人的に一番おもしろかったのは、物語のクライマックスの浜高VS千駄ヶ谷戦の「斉藤VS橘」戦です。
浜高一のテクニシャン斉藤と劇中最強の敵である橘の一戦は作中のベストバウトでしょう。
読んでいて鳥肌がたちましたし、いま読んでもワクワクするシーンです。

コミックの表紙に描かれていた4コマまんがも大好きでした(笑)
ドライもんとか。

YAWARA

巨匠、浦沢直樹の代表作YAWARA、もう何度読み返したかわかりません。
猪熊柔という主人公の魅力が強いですが、その脇を固める脇役も魅力的ですよね。

好きなシーンはユーゴスラビアの世界選手権。
松田がいない不安から調子が上がらない柔が、最後の決勝戦で松田が現れた瞬間にスイッチが入りフルシチョワを一本背負いで投げ飛ばすシーンが大好きでしたね。

残念ながら、Kindle化されていません。。。
な~ぜ~だ〜!!!

奈緒子

天才ランナー、壱岐雄介がライバルとともに長距離ランナーとして成長していく物語。
私自身が中学校・高校と陸上競技をやっていたこともあり、楽しんで読んでいました。

主人公や主人公が所属するチームのメンバーに、いろいろとトラブルが発生しまくるのが奈緒子の特徴です(笑)
ちょっと不幸すぎるんじゃないのか・・・と思ったりもしましたが、そこは漫画の世界。
その逆境をはねのけるシーンは面白かったですね。

やったろうじゃん!!

原秀則氏の野球漫画、やったろうじゃん!!です。
ストーリーは2部構成になっていて、1部は弱小校が甲子園に出場して監督因縁の学校を倒すまで。
2部はその因縁の対決で肩を故障した超高校級のピッチャー江崎の復活までを描いています。
青年誌の野球漫画ということで、監督の苦悩、高校生の苦悩、そして怪我との戦いなどが描かれ、少年漫画のような天真爛漫な爽やかさのような雰囲気は少ないですが。。。面白いです!

最後、江崎が復活して全力でボールを投げるシーン、恐ろしいほどの迫力があります。
一見の価値ありです。

まとめ

アラフォーが懐かしいと思うスポーツ漫画のおすすめをまとめてみました。
最近はKindleで多くの漫画が読めるようになりました。
本棚も使わなくて済むので場所も取りませんし、家族に内緒で漫画を揃えることもできちゃいます。
懐かしい!と思った漫画があったら、ぜひもう一度読んでみたらいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです

いま自分の子どもはおさるのジョージに夢中。

おさるのジョージはぜひ子供に見せよう!おすすめする5つの理由

2015.12.23
manga.png