イベント開会時のお偉いさんの長い挨拶、ホントいらないと思う

子どもが長い挨拶聞けると思っているのだろうか・・・。ホント無駄。

長い挨拶

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

このあいだ、子どもと一緒に、ある子ども向けのイベントに行ったんです。
その時に感じたこと。

イベント開会時にお偉いさんの挨拶とかありますよね。
あれ、ホントに必要なの?というお話です。

スポンサーリンク

子ども向けのイベント!始まったのはお偉いさんの長い挨拶・・・

私が子どもを連れていったのはちょっとした縁日みたいなもの。
規模は小さいけれど、綿あめやかき氷の出店が並び、子どもと一緒に食べ歩きをして楽しんでいました。

でも、その縁日の目玉はそんな出店ではないんです。
それとは別にあるメインイベントがあって、みんなそれを楽しみに集まってきていたんですよ。

その日のイベントの大まかなスケジュールはこんな感じ。

  1. 18時~ 出店がスタート
  2. 19時~ メインイベントスタート

そうしっかりとチラシに書かれておりました。

我が家は18時30分くらいには会場に着いていて、出店での食べ歩きを楽しんでいました。
わたあめを買って、フランクフルト買って、ジュース買って などなど。
今日の晩飯はこの出店で買った食べ物でOKだっていう感じ(笑)

子どもも普段とは違うお祭りのような雰囲気に大はしゃぎ!
いやー、来てよかったなーとこのときは思っていたんですよ。

19時からのメインイベントに時間が近づくにつれ、会場には多くの子供連れの家族が集まってきました。

そして、時計の針は19時に!
さぁ、メインイベントの開始だー!!

と思ったら、始まったのが何だったと思います?

なんとお偉いさんの長い挨拶・・・。
いわゆる、あれですよ、〇〇様に一言賜りたいと存じます ってやつ。

しかも、ひとりじゃないんです。
かわるがわる何人もしゃべり始めたんです!

全然始まらないメインイベント

その縁日の主催は自治体の教育委員会。
教育委員会が実施しているイベントですから、まちがいなく子ども向けのイベントです。

それなのに、会場に来ていた自治体のお偉いさんが、かわるがわるご挨拶という名の長いスピーチをするんですよ。

もう、意味がわからない!

19時にメインイベントがすぐに始まると思っていた子供連れの家族は、みんな肩すかしです・・・。

同じ保育園に通っているご家族とも会いましたけど、みんな同じことを言うんです。

いったい、いつになったらはじまるんですかねー。。。

いっこうに始まらないメインイベントに、親は子どもたちに「まだなのー、まだなのー??」と何度も聞かれる。

親も子どもも超絶ストレスですよ!!

結局そのご家族も我が家も、メインイベント開始前に家に帰りました。
いったいなんなんだ、これ・・・。

お偉いさんの長い挨拶、あれは誰のためにやってるの?

このお偉いさんの長い挨拶、いったい誰のためにやってるんでしょうかね?
しかも何人も・・・。

会場に来ている人たちのため?
違いますよねー。会場に来ているのは子供連れの家族たちがほとんどです。子供には挨拶なんてちんぷんかんぷんですよ。

自分を支援してくれる人たちのため?
まぁ、これなんでしょうけどねー。
でも、イベントの趣旨を間違えてないですか?

子ども向けのイベントなら、子どもが楽しんでくれることを第一に考えるべきでしょう。

お偉いさんも、時間がおしてきたたところで

今日は子どもたちのイベントだから、お話はおしまーい!

とか、やってほしかった。
選挙活動で街宣車を走り回らせるより、よっぽど好感度アップ間違いなしだったと思う!

あとは、お偉いさんの挨拶が長いのなら、最初から下のようにお知らせしておいてほしい。

最初の30分は挨拶なので、メインイベントのスタートはそれが終わってからです。(ただし、挨拶が長引くこともあります)

最初から知っていれば、出店だけ楽しんだあとに一度家に帰るとか、臨機応変に対応できたのに・・・。

まとめ

久しぶりにイラッとくる出来事でした。
もちろん、挨拶やスピーチが大事なイベントもあるでしょう。
でも、今回は完全に子ども向けのイベント。
お偉いさんの挨拶なんてまったく必要ありません!
TPOってやっぱり必要なんですよね。

あぁ、でもきっと来年も同じことが繰り返されるんでしょうね・・・。

nagai-aisatsu.png