大回り乗車って知ってる?ルールを守って140円の旅を楽しもう!

140円払えば遠くの駅まで遊びにいけるって知ってました?それにはルールがあるのです。

大回り乗車

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

電車に乗って、長旅をしてみたいと思った人、結構いると思います。
じつは初乗り運賃(東京なら140円)を支払うだけで合法的に電車の長旅を楽しむ方法があるのをごぞんじですか?

それは大回り乗車ってやつです。

今回は、たった140円の初乗り料金だけで手軽に電車の長旅を楽しむことができる、大回り乗車についてご紹介しましょう!
電車好きの子どもをお持ちのパパ・ママは、知っておいて損はありませんよ!

スポンサーリンク

大回り乗車ってなに?

大回り乗車をいいかえると

遠回り

ってやつです。

簡単な例を挙げますね。

上野駅から御徒町駅まで電車で行くとします。
赤い丸印が上野駅ですね。

Yamanote

普通なら南(いわゆる外回り)にひと駅行けば御徒町駅。
これを北(いわゆる内回り)方面に乗って、ぐるっと一周回って御徒町駅まで行くことが大回り乗車ってやつです。

じつはこういう乗り方って、JRが正式に認めている乗車方法なんです。

大都市近郊区間内の特例

この大回り乗車、大都市近郊区間内の特例として認められています。

大都市近郊区間っていうのがどこかというと、5つのエリアがあります。

  1. 東京近郊
  2. 大阪近郊
  3. 福岡近郊
  4. 新潟近郊
  5. 仙台近郊

それぞれのエリアの詳細は、JR東日本のウェブサイトに掲載されています。
きっぷあれこれ > 運賃計算の特例:JR東日本

ただ、この大回り乗車にはいくつかのルールがあります。

ルール1 普通乗車券か回数乗車券でしか使えない

この大回り乗車は普通乗車券か回数乗車券でしか使えません。

これが意味することは何かというと、定期券では大回り乗車は許されていないということです。

定期券は購入時にあらかじめ経路が決められています。
その経路にのっとった乗車しか許されていないのです。
万が一、定期券で入場して大回り乗車をしていて、車掌さんによる切符のチェックがあったときは、不正乗車としてお金を取られますので、注意しましょう。

ルール2 途中下車(駅の外に出ること)はできない

大回り乗車は途中下車(駅の外に出ること)はできません。
まぁ、これは当たり前ですよね。
途中下車をして改札を出てしまったら、そもそも大回り乗車になりません。
そこが旅の到着駅になるわけですから、その駅までの正規料金を支払うことになります。

ルール3 同じ経路を通ってはいけない

大回り乗車は大都市近郊区間内であればどんな経路を通っても構いません。

ただし、大前提として同じ経路を通ってはいけないのです。
つまり一度通った駅は二度と通ってはいけないということですね。
同じ経路を通る場合は、ちゃんと改札を出て切符を買い直さないといけません。

この同じ経路を通らないでぐるっと大回り乗車するコースを考えるのが楽しいと思う人が多いんですよね。
経路図と時刻表をにらめっこして、パズルのように旅路を考える。

うわー、たのしい(笑)

私、いつかこれ子どもといっしょに大回り乗車の旅を考えてみたいんですよね。
親子でこういうことを考えるって、楽しそうじゃないですか。

ルール4 特急に乗るには特急券が必要

大回り乗車は特急に乗ってもいいんです。

ただし、特急に乗車した駅〜特急から降りた駅までの特急券が必ず必要になります。

例えば、千葉を内房線から外房線に回ってぐるっと一周しようと考えたとします。
そのとき、内房線は特急さざなみを使って一気に館山まで行き、そこから先は普通電車に乗り換えるということができます。

ただし、館山までの特急券は買わないといけないというわけです。

ルール5 新幹線は使えない

大回り乗車は特急は使えますが、残念なことに新幹線を使うことはできません。
ちょっと残念ですねー。

やっぱり新幹線は特別な列車ということですよね。

駅ナカをうまく活用しよう!

大回り乗車で1日電車の旅を楽しめるとはいっても、ずっと電車に乗って景色をながめているだけだと、飽きてくる人も多いはず。
特に子どもは、途中で飽きちゃう可能性が高いですよね。

最近は駅ナカ施設が充実している駅が多いですよね!
大回り乗車で楽しんでいる途中に、駅ナカが充実している駅に立ち寄れば、ショッピングとグルメ、エステの旅に早がわりです(笑)

もしかしたら大回り乗車に興味を持たないママにも興味を持ってもらえるかもしれませんよ!
例えば、パパと子どもで大回り乗車を楽しんでいるあいだ、ママは駅ナカでショッピングとおいしいランチ、エステを楽しむとか。

それでは東京周辺で駅ナカが充実している駅をまとめておきましょう!

東京駅

東京といったらやっぱり東京駅。
東京駅にはGRANSTA(グランスタ)という駅ナカ施設があります。

主に飲食店やおみやげ店が中心です。
大回り乗車の経路の途中に東京駅を入れれば、食事とおみやげを買うことには困りません。
お弁当屋さんも多いですから、大回り乗車中に車内で食べるようのお弁当を買ったりするのにもいいですね!
いろんな路線が乗り入れていて、東京駅が始発の路線も多いので、ゆっくり座って大回り乗車を始めたい場合におすすめです。

上野駅

東京駅と並ぶ東京有数のキーステーション、上野駅。
上野駅にはエキュート上野があり、駅ナカの充実度が高いです。

巨大キーステーションなので、いろんな方向の電車に乗れることも魅力のひとつですね。
常磐線で茨城方面に向かうのもよし、宇都宮線や高崎線で埼玉方面に向かうのもよしです。

大宮駅

埼玉県で随一のキーステーション、大宮駅。
大宮駅にはエキュート大宮があり、ショッピングも食事も楽しめるようになっています。

東京方面から大宮に行く場合、大宮から先は

  1. 宇都宮線
  2. 高崎線
  3. 川越線

のどれかの路線を使うことになります。
おもしろいのはは川越線に乗って高麗川までいき、八高線を使って八王子に戻ってくるルートですね。

ただし川越線の川越駅から先、八高線は電車の本数が少ないです。
昼間だと30分に1本の間隔になるので、乗り継ぎのタイミングでは待ち時間が多くなる可能性があります。
でも、八高線なんてめったに乗れる電車じゃありません。
これこそ大回り乗車の醍醐味ですよね。

立川駅

立川駅もエキュートがあり、駅ナカがあります。

ただし、改札内にあるお店の数はそれほど多くないので、ちょっとした小休憩程度ができると思ったほうが良いかも。
立川駅は中央線、南武線が止まる駅なので、新宿方面にも川崎方面にも向かうことができるところが利点です。

品川駅

エキュートの元祖とも言える品川駅。
飲食店を中心に、多彩なお店がそろっています。

品川は川崎方面、東京方面、新宿方面と3つの方向から選べるのがうれしいですね!
東海道線に乗って茅ヶ崎まで行き、そこから北上して橋本・八王子方面に行くっていうのが面白そうです。

まとめ

大回り乗車はJRが合法的に認めている乗車方法です。
しっかりルールを守って、清く正しく美しい大回り乗車の旅を楽しみましょう。
そこには自分にしかわからない達成感があるはずです!

こちらの記事もおすすめです

東京スカイツリーの駐車場徹底ガイド!格安で穴場なのはここだ!

2016.01.07

メトロファミリーパーク in AYASE 2015 に遊びに行ってきたレポ!

2015.12.01
oomawari.jpg