[しばじゅん]本人曰く聴けば聴くほど味が出るスルメソングだそうです「ふたり」

どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

さてさて、柴田淳さんの曲紹介、3曲目です。

今回の曲は柴田淳さんの16番目のシングル曲「ふたり」です。


ふたり
カテゴリ: J-Pop

決して派手な曲ではなく、伴奏もピアノだけのシンプルなもの。
その分、詩の内容と柴田淳さんの声が深く響いてくる曲です。

柴田淳さん曰く、聴けば聴くほど味が出てくる「スルメソング」だそうです。

そんな「ふたり」をご紹介します!!

詩の内容は「恋人同士が抱く不安の感情」です

この曲は「恋人との別れ」を歌った曲ではありません。
「恋人同士が抱く不安の感情」を歌った曲です。

歌詞の内容はこちらからどうぞ!

歌詞の内容を要約すると。。。

愛し合う二人。
こんなにも愛し合っているのに何故か不安が消えない。。。
神様、二人のことを引き離さないでください。

愛し合う二人。
こんなに愛し合っているのに何でこんなに辛いんだろう。。。
神様、二人の愛し合う心を取らないでください。

といったところでしょうか。

深く愛し合っているからこそ、その愛が終わることへの大きな不安が二人を襲っている。。。
愛し合う心を永遠に無くしたくない。
そんな「不安」をしばじゅんの透明感と儚さのある声とその独特の歌詞の世界で表現をしている曲です。

私はこの曲を聴いたときに「わかるわかる。。。」と思っちゃいました。
うまくいっていることがふとしたことで「終わり」がくることっていうのはあることです。
その中でも「愛」というものは具体的な形がある訳ではなく、二人の目に見えない「想い」です。
目に見えないものというのは、「愛」に限らず「恐怖」だと私は思います。
人は多くのことを実際に目にしたもので認識していくものですからね。
もしかしたら「不安」よりも「恐怖」を歌った曲といった方が良いのかもしれませんね。

ピアノだけの伴奏がとても美しい!伴奏に派手さは必要なし!!

この曲は伴奏がピアノだけです。
このピアノ伴奏がとてもとても美しいのです。
歌詞のメッセージ性とピアノ伴奏の美しさが掛け合わさって、曲全体はシンプルながら、美しい曲に仕上がっています。

もともとピアノをやっていたというしばじゅん。
しばじゅんの曲はピアノが使われることがとても多いです。
アレンジャーはいるにしても、ピアノの使い方がとても効果的ですね。

すでに紹介済みの曲である「月光浴」や「花吹雪」もピアノ伴奏が中心です。
しばじゅんの名曲は、「ピアノ」が重要なポイントになっている気がしています。


月光浴
カテゴリ: J-Pop


花吹雪
カテゴリ: J-Pop

さて、緩い感じで「ふたり」をご紹介しましたがいかがでしょうか?
深く愛し合っている二人にこそ聴いてほしい曲です!

アルバム「親愛なる君へ」に収録されています!!


親愛なる君へ
カテゴリ: J-Pop

おすすめ曲ベスト20をまとめました!

ファン歴13年の私が選んだ柴田淳のおすすめ曲ベスト20

2016.02.04
a1370_000492