スマホ子守はダメなのか?親子で一緒に楽しめばいいんじゃないの?

スマホ子守はダメっていうことはない。ようは使い方でしょ。

スマホ

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

世の中、電車の中でもみんなスマホスマホ
おそらく6〜7割の人がスマホを見てる気がします。
もちろん私もその1人(笑)

そんな道を歩けばスマホを使う人にぶつかる今、子育てにもスマホが使われることがありますよね。

ただ、そのなかでよく「ダメ」いわれる使われる方があります。
スマホ子守ってやつです。

このスマホ子守、よくニュースや学会でも「」という雰囲気で報じられることが多いですが、実際はどうなんでしょう?

スポンサーリンク

ニュースにも取り上げられたスマホ子守

先日もYahoo!ニュースのトピックスでこのスマホ子守がとりあげられていました。

子どもを静かにさせるためにスマートフォン(タブレット端末含む)の画面を見せたり、触らせたりする「スマホ子守」が保護者に広がり、3歳児では3割に上ることが福岡市のNPO法人「子どもとメディア」の調査で分かった。
「スマホ子守」は発育への影響も指摘されており、識者は「子どもに不寛容な風潮が強まる中、あやし方が分からない親がスマホに頼る現状がある」と指摘している。
2016/01/22付 西日本新聞朝刊

スマホにかぎらず、テレビなんかも子育てに悪影響があるとか、よく言われますよね。
でも、実際のところ、それってどうなんでしょうね。
私もそれなりにテレビっ子でしたが、一応まっとうな大人に成長はできたように思いますし。

あとスマホが普及し始めたのはここ5年ほどです。
発育への影響も指摘されているとありますが、正直まだどんな影響があるかなんて正確にはわからないのが本当のところでしょう。
なぜか世の中、子どもに電子機器を触らせることに、異常なくらい敏感ですよね。

ただ、私はスマホ子守のすべてがダメではないと思ってます。

悪いのはスマホを子どもに渡してほったらかしにすること

スマホ子守がダメといわれるのは、スマホを子どもに渡してほったらかしにすること

「スマホ子守」については日本小児科医会が「親との会話や体験を共有する時間が奪われ、発育をゆがめる恐れがある」として2013年から啓発活動を続けている。

小児科医会も、親との会話や体験を共有する時間が奪われるのが良くないと言っているんです。
つまり、スマホを使って親との会話や体験を共有できて、スマホに触る時間をしっかり考えて使うのであれば、決してスマホ子守はダメじゃないんです。

これ、絵本も同じだと思うんですよ。
どんなに内容がすばらしい絵本でも、子どもにわたして「はい、それまでよ」じゃ意味ないですよね。
しっかり親が一緒になって読み聞かせることで、親との会話や体験の共有につながります。

知育系アプリも親子で楽しむことを前提にしている

知育系アプリを多く手掛けるスマートエデュケーションという会社を知ってますか?

スマほん」なんかが有名です。


「スマほん」動く絵本が読み放題!赤ちゃん・幼児・子供向けの読み聞かせえほん(教育・知育アプリ)
カテゴリ: 教育, ブック

そのスマートエデュケーションは、乳幼児の適切なスマートデバイス利用に関する「5つのポイント」 target=”_blank”を策定していて、知育アプリを使う時のポイントをまとめてるんです。

  1. 親子で会話をしながら一緒に利用しましょう
  2. 創造的な活動になるよう工夫しましょう
  3. 多様な体験ができる機会を作りましょう
  4. 生活サイクルを守りながら使用しましょう
  5. 親子でコミュニケーションを取りながらアプリを選びましょう

一番最初のポイントが「親子で会話をしながら一緒に利用しましょう」となっています。
子育ての中でスマホを使うのであれば、子どもと会話をしてコミュニケーションを取りながら使うのが、正しい使い方なんですよ。

我が家の子どもとスマホの関わらせ方

一応、我が家の子どもとスマホの関わらせ方を書いておくと・・・

うちの子どもはいま3歳ですが、スマホをひとりで触らせることはしてないです。
というか、スマホにほとんど興味がないらしく、さわらせてーと言ってくることはほとんどないんですよ。
だからスマホのアプリも普段遊ばせることは全然ないんです。

ただ、どうしてもテンションが上っちゃって電車の中や外出先で騒ぎ始めてしまったときにスマホを使うときもあります。
そのときも子どもと一緒に遊ぶことを心がけています。

ちなみに、私のiPhoneの中に入っている子ども向けアプリは下の3つだけです。


子供の自動車、トラック、建設車両 – 幼児向けパズル
カテゴリ: ゲーム, 教育, 教育, パズル


LEGO® DUPLO® Train
カテゴリ: ゲーム, 教育, エンターテインメント


カーズ~走れ!マックィーン~
カテゴリ: ゲーム, エンターテインメント, レーシング, シミュレーション

あと家にはiPadもありますが、使うのは動画を見せるときだけ。
それも1日の中で見せる時間を限定しています。

まとめ

正しい使い方をすればスマホはきっと親と子どもとのよいコミュニケーションツールになります。

今の時代、スマホは生活から切り捨てるのは難しいです。
スマホ子守を「悪」と決めつけるのではなく、親と子どもとで一緒に楽しい使いかたを考えていきたいですね!

こちらの記事もおすすめです

Amazonプライムを知ってますか?子育て中のパパ・ママに真剣におすすめできます!

新米パパ・ママにお得がいっぱい!Amazonプライムをおすすめする6つの理由

2016.10.06
sumaho.jpg