手足口病は保育園にいつから登園OK?小児科の先生に聞いたよ

手足口病って保育園と病院で考え方にずいぶん差があるような気がします

手足口病

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

2015年7月、全国的に手足口病が流行しています。

手や足、口の中に発疹ができる「手足口病」の感染が広がっています。最新の1週間あたりの患者の数が、全国平均で警報レベルに達しています。
「手足口病」は、手や足、口の中に水疱性の発疹ができるウイルス性の感染症で、主に夏場に4歳くらいまでの子どもを中心に感染が広がります。
国立感染症研究所によりますと、今月5日までの1週間に全国の医療機関から報告された患者の数は、1医療機関あたり5.48人で、警報発令の目安とされる5人を超えました。
– TBSニュース –

そんな手足口病の流行まっただ中、保育園に預けている子供を持つパパ・ママが一番気になるのは

「手足口病に子供がかかったら保育園はいつから通わせて大丈夫なんだろう?」

ということです。

実は私の子供もつい先週、手足口病にかかりました。
私の子供を預けている保育園の対応をご紹介しつつ、手足口病にかかった子供をいつから保育園に通わせて良いのか、病院の先生の回答を元にお答えします。

スポンサーリンク

そもそも手足口病ってどんな病気?

手足口病ってそもそもどんな病気なんでしょうか。

手足口病については厚生労働省のHPを見ていただくと、基本的な情報がまとまっています。

感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。
発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。
ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。
しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。(特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。)
– 厚生労働省 HPより –

手、足、口に水疱性の発疹ができることから手足口病と言われています。
まれに合併症で重い症状が出ることがあるそうです。これは手足口病の原因となる一部のウィルスが、中枢神経系の病気を引き起こしやすいからだそうです。

また、手足口病には特効薬などはありません
熱が出たら解熱剤を飲むなど、基本的には対処療法になります。
手足口病は確かにまれに合併症で重い症状が出ることもありますが、基本的には軽い症状の病気というのが医療業界での考え方です。

厚生労働省のHPにも、以下の様な一文があります。

手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。

あえて手足口病の特効薬を作る必要性を感じていないということなのでしょう。

自分の子供を預けている保育園の対応

それでは自分の子供が手足口病にかかった時のことをご紹介しましょう。

その日の朝、朝から口の中が痛いとうちの子供は言っていました。
確かに口の中を見ると口内炎のようなものが見える。
子供に聞くと、口の中を噛んじゃったと答えたので、そのときの傷から口内炎になっちゃったと思ってしまったんですよね。
熱もなかったし、その他にも発疹らしきものは見当たらなかったので、普通に保育園に預けたんです。

そうしたら、お昼すぎに奥さんから電話が。

奥さん:保育園から電話があって、発疹が出たから早めに迎えに来て欲しいって。。。たぶん手足口病だって

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

口内炎だと思っていたものは、どうやら手足口病の発疹の一つだったようです。

親、失格です

ともかく、子供を早く保育園に迎えに行かないといけない。
奥さんは仕事が忙しく迎えにいけないということなので、今回は私が早退して保育園に子供を迎えに行くことに。

保育園につくと、うちの子供はいつもの部屋とは違う別室で寝かされておりました。
どうやら、感染症にかかった子供を特別に過ごさせる、悪い言葉で言うと「隔離」させるための部屋のようです。

保育園の先生は

お父さん、すいませんがお子さんを病院に連れて行って診察を受けてください。
あと、次回登園させるときは「登園届」の提出をお願いできますか。

とおっしゃいました。

登園届は別に手足口病用の書類というわけではなく、インフルエンザやプール熱など、特殊な病気にかかったときに必ず保育園に提出しなければならないもののようです。
お医者さんに書いてもらう必要はなく、親が書けばよいものでした。

書く内容としては
・診断された病名
・登園停止期間
・診てもらった病院の名前
といったもの。

以上のことから、保育園は

  1. 手足口病を特殊な病気として捉えている
  2. 園内で手足口病だと判明した場合は、その子供は隔離対象となる
  3. 手足口病になったら必ず病院に連れて行って診察してもらうこと
  4. お医者さんに診てもらって問題なければ登園OK

ということがわかりました。

小児科の先生は手足口病についてどう考えている?

保育園から息子を引き取りに行ったあと、その足でそのまま小児科の病院へ連れて行きました。

診察が始まって、お医者さんが言った内容は大体以下の様な感じ。

あー、手足口病ですね。
発疹が出てるけど、しばらくしたら収まりますよ。
保育園はいつから通わせて大丈夫か?
熱が下がっていて食欲もあるのなら、発疹が残っていても預けてしまっていいですよ。
手足口病は風邪のひとつだと思ってください。
髄膜炎とかになる子もいますけど本当にまれです。
もし体調がおかしいと思ったらまた病院にきてください。

お医者さんからすれば、手足口病はインフルエンザのようにかかったからといって登園が禁止されるような病気では無いということです。
子供が風邪をひいて鼻水や咳がでていたとしても、熱がなくて食欲があれば保育園に預けてしまいますよね。
それと同じということですね。

お医者さん側の考え方をまとめると

  1. 手足口病は風邪と同じ考え方でいい
  2. 保育園には熱が下がっていて食欲もあれば、発疹があっても預けてしまって構わない

となります。

保育園とお医者さんの考え方の差

保育園とお医者さんでは、やはり考え方に差があります。

保育園は園内で手足口病を流行させたくないから、できるだけ家で預かってもらいたい。
お医者さんは手足口病は登園停止が必要な病気じゃないから、保育園に預けてしまっても構わない。

働いているパパ・ママがどちらの意見を取るかというと、保育園には申し訳ないですがお医者さん側の意見を取りますよね。。。

そもそも、手足口病は発症してしまうとウイルスの排出期間がとても長いんです。
便からも1ヶ月以上ウイルスが排出されます。
完全に手足口病が他の子にうつらないようにするには1ヶ月以上登園停止をさせなければいけません。

でも、最初の方にも書きましたが、

手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。

そもそも軽い症状で治まることが多い病気なので、感染の可能性があるという理由で登園停止とはならないというのが一般的な見識のようです。

まとめ

基本的に手足口病は特別に怯える必要はない病気です。
子供が手足口病にかかった場合は、手足口病だからといって特別に構えずに、冷静に子供の体調を見て保育園に預けるか判断しましょう!

ノロウィルスやインフルエンザにも効く除菌剤

そうはいっても、やっぱり風邪やインフルエンザ、ノロウィルスといった流行性の病気にはかかりたくはありません。

そんな人におすすめなのが新除菌消臭チャーミスト

チャーミスト

チャーミストは医療機関でも使われるプロ仕様の除菌剤です。
一般的な除菌剤と違い、スプレーするだけでウィルスを除去できます。
成分は口や目に入っても安心です。

なんと、あのノロウイルスにも有効なんです。ノロウイルスに絶対にかかりたくない人には特におすすめです!
安全、安心、便利、そして強力に除菌をしたいという方はぜひ!

【公式】ウイルス除去率99%チャーミスト

Amazonでも購入できますよ!

こちらの記事もおすすめです

子供の風邪がうつるのを防げ! 親がもらわないための5つの習慣
子供の風邪って本当にたちが悪いです。だからこそ、親は子供の風邪をもらわない努力が必要です。 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも
一人でも簡単!赤ちゃんのお風呂はシャワーで乗り切れ!
ママひとり、パパひとりでも赤ちゃんをお風呂に入れるには割り切りが大事です! 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも、Kotanos
子供の足を浮き指にしない!今から取り組む2つの予防方法!
今、足が浮き指になっている子供が増えているそうです。子供の足を守るために何をすればよいのか考えてみましょう。 子育てに奮闘中のパパさん