[トミカプレミアム24]青く輝くボディが美しい!「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」をレビュー!

トミカプレミアムのなかでも、カッコよさでは間違いなく上位に入るよ!

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3ae

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
こんにちは、パパブロガー こた(@kotanosuke57)です。

今回ご紹介するトミカプレミアム「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」

先日記事にしたトミカプレミアムNo.5「ランボルギーニ イオタ SVR」と同時に発売されたものです。

イオタもカッコよかったですが、「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」も負けていませんよ!

特徴を挙げてみると・・・

  1. 青く輝く美しいボディ!
  2. 細やかなペイント!
  3. 本物のようなリアウィング!
こた
ちなみに、うちの子供は「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」のほうが好きらしい

今回は、トミカプレミアム No.24「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」をレビューします!

スポンサ-リンク

SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE とは?

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3d3

SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE とは、毎年スバルが参戦しているドイツで行われている24時間レース「ADAC Zurich 24 Rennen」に出走している車のこと。

ニュルブルクリンク24時間レース(ADAC Zurich 24h Rennen)は、ドイツの北西部のベルギー国境に近いアイフェル山系にあるニュルブルクリンクで毎年5月か6月に開催される伝統の耐久レースです。ニュル城やいくつかの村を囲むように設置された一周25.378kmのサーキットを舞台に、24時間でどれだけ長い距離を走れるかを競うものです。

ニュルブルクリンクへの挑戦|STI より引用

2017年は残念ながら途中リタイアとなってしまったそうですが、2015年・2016年は連覇するほどの実力を持った車だそうですよ!

トミカプレミアム No.24「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」

それでは、トミカプレミアム No.24「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」をレビューしていきましょう!

まずはパッケージをチェック!

まずはパッケージをチェックします。
ワンランク上のトミカであるトミカプレミアムにふさわしい、カッコいいデザインに仕上がってます。

ランボルギーニ イオタと同様、新しいデザインのパッケージになってます。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3cb

やっぱり、箱を見れば後部側のデザインが分かるっていうのは嬉しいポイントですね。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3bb

スバルのエンブレムが輝く正面!

正面からの一枚。
特徴は、「90」のナンバーとスバルのエンブレムですね!
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3b9

やっぱりスバルのエンブレムはカッコいいですよ。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3bd

そして、フロントガラスの上に貼られた「GRAN TURISMO」!
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3cc

こた
この文字を見るだけで、ゲームをやりたくなっちゃうね

両サイドはタイヤと細やかなペイントがポイント!

続いて両サイドを見ていきましょう。

青いボディの美しいのはもちろん、各スポンサーのロゴがきれいにプリントされていますね。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3d8

窓ガラス部分の強化も見事に再現!
こういった小さなこだわりがまさにトミカプレミアムって感じですね。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3dd

そして、タイヤは黒一色のデザイン!
「FALKEN」(ファルケンタイヤ)のロゴの印字もきれいですね!
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3c8

反対の右サイドも同様の作りです。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3cf

後部はリアウィングが特徴!

次に車体後部です。
やっぱり目立つのはリアウィング!

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3c7
こた
レースカーはやっぱりリアウィングがなくっちゃね!

実はこのリアウィング、取り外しが可能になっています。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3d4

これ、とくにギミックとしてそうしたわけではなさそうなんですよね。
単純に箱への収納の問題だったんじゃなかな・・・って思います。

うちの子供、このトミカを遊ばせているときにリアウィングが外れてしまうことが気に入らないらしく・・・

”息子”
パパ、接着剤でとめて!!

と言われ、結局アロンアルファで接着して取れないようにしちゃいました(汗)
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3b0

少し上から見てみましょう。
「STI」の文字が大きくペイントされていますね!
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3c2

最後に裏側も見てみる

最後に「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」を見てみましょう。
UNADJUSTEDNONRAW thumb 1a3b3

残念ながら、マフラー部分とかは特に目立った作りはなく、いわゆる標準の作りですね。

こた
その分、車体のデザインやペイントに力が入っているということでしょう

まとめ

トミカプレミアムNo.24 「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」をご紹介しました。

デザインもカッコいいし、レースカータイプのトミカプレミアムが欲しいのなら、おすすめの一品です!

ぜひコレクションしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです

[トミカプレミアム No.20] 「日産 スカイライン HT 2000 ターボ RS」 を徹底レビュー!

2017.05.31

[トミカプレミアム No.19]ランチア ストラトス HF ラリーを徹底レビュー!

2017.01.30
〜こたろぐのおすすめ記事〜
家事代行を使ってみたよ!→家事代行「ベアーズ」の口コミレビュー!!

子育て家庭にAmazonプライムがお得すぎ!→知らなきゃ損!おすすめ理由は6つ
スポンサーリンク

シェアもよろしくお願いします!