持ち運びに便利なチャイルドシート、トラベルベストECプラスを購入したぞ

チャイルドシートも千差万別!一番良いものを選ぶのは大変です!!

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

今回はチャイルドシートのお話です。
皆さんのご家庭ではチャイルドシートを持っていますか?
普段から車が生活の一部になっているご家庭は、ほぼ100%チャイルドシートを購入していると思います。

実は、我が家は車を持っていません。

でもチャイルドシートは持ってます!

それにはちゃんとした理由があります!
我が家が購入したチャイルドシート「トラベルベストECプラス」の紹介も兼ね、なぜ我が家が車を持っていないのにチャイルドシートを買ったのかをご紹介します。

スポンサーリンク

車を持っていないのにチャイルドシートを買った理由

先ほども書きましたが、我が家は車を持っていません。
でも、意外に我が家は車で出かけることが多いことに気づきました。

  1. 旅行はレンタカーして出かけることが多い
  2. 我が家は旅行に行くとき、電車よりレンタカーをして車で行くことが多いのです。

    すでに息子くんが産まれてからは5回以上レンタカーを借りています。
    レンタカーでチャイルドシートを借りるとだいたい1000円が相場。
    今後旅行に行くときもレンタカーをするとなると、ずっと1000円の出費が続くのか?!

  3. じいじとばあばは車で遊びにくる
  4. 息子くんが大好きなじいじとばあばはいつも車で遊びにきてくれます。
    息子くんがじいじとばあばの車を覚えていて、その車が大好きなのは以前の日記で書きました。
    息子くんの日常 〜じいじとばあばにはパパママは敵わない〜
    遊びにきてくれたときはやっぱり一緒に車でお出かけをしたい!

上のふたつが車を持っていないのにチャイルドシートを購入することに決めた理由です。
理由のひとつめはお金、ふたつめは親孝行。。。でしょうかね。

チャイルドシートを買うことは決めた。じゃあ、購入するチャイルドシートのポイントは!?

奥さんと話し合った結果、やっぱりチャイルドシートを買おう!ということになりました。
じゃあ、どのチャイルドシートを買うべきか。。。
我が家では以下のポイントで購入するチャイルドシートを絞り込みました!

  1. やっぱり価格は大事!コストフォーマンスが良いもの!!
  2. チャイルドシートを使う機会は毎月多くても2〜3回ぐらい。
    レンタカーで旅行するのも多くても3ヶ月に1度ぐらいを考えると、やっぱり高価なチャイルドシートではもったいない。。。
    予算は1万〜1万5000円ぐらい。

  3. 取り付け、取り外し、持ち運びがしやすいもの
  4. 車に付けっぱなしにする訳ではなく、必要に応じて取り付け、取り外しをするので、やっぱり簡単に取り付け、取り外しができるもの。
    もちろん持ち運びしやすいものというのも絶対条件!

  5. 普段は家の中にしまうため、できる限りコンパクトなもの
  6. 車を持っていない我が家は、チャイルドシートを普段は家の中にしまっておくことになります。
    安全設計だとしても、あまりに大きいものは家の中に置いておけないので、使用時の安全が確保されつつできる限りコンパクトなものがいい!!

ポイントは絞り込んだぞ!じゃあ、どのチャイルドシートを買うか!?

さあ、購入するポイントはまとめたぞ!
このポイントを基準に購入するチャイルドシートを選ぶことにしました。

アカチャンホンポやベビーザらス、ネットで情報をあさりまくり、購入する候補として3つまで絞り込みました。

  1. コンビ ジョイトリップ エアスルー GC エアーグレー
  2. コンビのチャイルドシートの中でも、比較的手が出しやすい価格の製品。
    通気性が良く、汗かきの子供が長時間座っていても蒸れにくいのが特徴。
    重さは5.2Kgと軽くはないが、高機能チャイルドシートと比べると軽いほう。
    Amazon価格で1万5千円。予算ぎりぎり。。。
    コンビの製品ということもあり、安心感は抜群!!

  3. 日本育児 トラベルベストECプラス ブラックボーダー
  4. 日本育児が販売するチャイルドシート。
    非常にコンパクトで、重さも2.9Kgと軽く、持ち運びやすい。
    価格もAmazon価格で7000円台!
    コンパクト設計ということで、不安な点は安全性。
    対象年齢が4歳ぐらいまでというのもマイナスポイントか。

  5. Nania Kids Plus(ナニア キッズ プラス) エボニー
  6. 残念ながらAmazonでは売っておらず。。。
    アカチャンホンポで見つけた製品。
    店頭価格で8000〜9000円ぐらいで販売されており、コストパフォーマンスは高め。
    コンビのジョイトリップの超廉価版といった感じの製品。

結果、購入したチャイルドシートは!?

悩んで悩んで3つにまで絞り込んで、最終的に購入したチャイルドシートは。。。

トラベルベストECプラス
トラベルベストECプラス

になりました!

いやー、本当に悩みました。
それぞれの製品、一長一短で。。。

記事が長くなったので、今回はこの辺で。
次の記事で、実際の使い勝手などを書いてみようと思います!

次の記事はこちらです。