[イクメン情報]ヨザル夫婦 〜イクメンはイクメン2.0の時代へ!?〜

どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

皆さんは「ヨザル夫婦」という言葉を知っていますか?

「ヨザル夫婦」はリクルートホールディングスが発表した「2014年のトレンド予測キーワード」の一つで、”共働き夫婦が家事や育児を分かち合い、チーム育児をする「夫婦」”のことを指すのだそうな。

じゃあ、実際にどんな夫婦がヨザル夫婦なのか?

ヨザルっていう動物が本当にいるそうです。
そのヨザルは、抱っこや毛づくろいは父親、授乳は母親が担当し夫婦で育児をするのだそうです
つまり、共働き夫婦が家事や育児を分かち合い、チーム育児をする「夫婦」が「ヨザル夫婦」とのこと。

なるほど。。。と思いつつも、これってイクメンとしては当たり前なのかと思ったら、世間的に「イクメン」という言葉に込められている意味はもっとハードルが低いのだそうな。

じゃあ、「イクメン」って元々どういう男性のこと?

「イクメン」という言葉が流行り始めた5年ぐらい前、「イクメン」は育児を「手伝う」男性のことを指していたそうです。
あくまで「手伝う」のであって、結局は育児の中心は奥さん。

そんな手伝いレベルの「イクメン」ではなく、夫婦が同じ立場で、主体的に育児をする本当の「イクメン」、いわば「イクメン2.0」的な男性が増えてきているそうです。

「イクメン」って、結局はそれぐらいの価値でしか見られていなかったんですね。そして、実際に「手伝い」レベルしかできていなかったということでしょう。

うーん、自分を見返してみると、果たして自分はどっちなのだろうか?
自分では積極的に参加していると思っていても、結局最後は奥さんに頼ったりすることが多々ある。
まだまだ修行が足りませんね。やっぱり「自称イクメン」の枠を出ておりません。。。

夫婦の形は千差万別なので、「ヨザル夫婦」が必ずしも幸せな形とは言えないと思いますが、私の目指すところは間違いなく「ヨザル夫婦」
もっともっと、育児に積極的にならないといけないなと思ったKotanosukeでした。

イクメンを目指すなら、まずはこの本を読みましょう!

a0002_010998