月40時間の残業時間が普通?いやいや、ありえないでしょそれ

共働きで子育てをしているのに月40時間の惨状時間は普通だと言われたら、あなたはどう思います?

残業時間

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
どうも、Kotanosuke(@kotanosuke57)です。

先日、残業しないために私が実践していることを記事にしてみました。

残業しない | 実践するために私が取り組んでいる3つのこと
残業しない!残業したくない!実践するなら強い意志をもって行動しましょう。 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも、Kotanosu

絶対に残業してまで働かないぞ!と心に強く誓ってから約1年。
そうはいっても、今もいつ残業生活に戻ってしまう忙しさになるか不安な毎日です。

そんな中、今の会社に転職する際に使った転職サービスの担当者の言葉が今も心に残っています。
今の会社に転職して5年半ほどになりますが、転職する際には大手の転職サイトのサービスを使って、案件を紹介してもらたんです

そして、その転職サイトの担当者が言っていた言葉があります。

月40時間の残業時間なんて当たり前というか普通ですよね

スポンサーリンク

月40時間の残業時間は普通という恐ろしい考え

転職当時、私は結婚の予定はありましたがまだ独身で、子供もいませんでした。
ですから、この言葉も別に「まぁ、そんなもんだよなぁ」と軽く流して聞いていました
でもね、結婚して子供がいるようになって、さらに共働きという今の状況でこの言葉を思い返すと

ありえねー!!

と思うわけです。

月40時間の残業時間ってどのぐらいの残業?

月40時間の残業時間をもう少し細かく落とし込んでみましょう。

月の営業日数を少なく見積もったとしても20日です。
そうなると単純計算で

40時間 ÷ 20日 = 2時間/日

つまり、1日2時間の残業を行うということになります。

会社の定時が18時だとすると、20時まで働くということですね。
通勤時間が1時間だとすると、家につくのが21時。
21時について、さあ、子供と触れ合う時間!!

そんなの無理ですよねw

子供が小学生高学年や中学生になっていればまだしも、小学校入学前の子供は21時にはもう寝かせつけに入っているはずです。

つまり、月40時間の残業時間というのは、子育てに積極的に参加することがはっきりいって難しい残業時間なわけです。

月40時間の残業時間は法令ではどうなのか?

そもそも月40時間の残業時間って法令上問題はないのでしょうか?

実は、もともと労働基準法では1日8時間、週に40時間を超える労働は原則として認められていないんです。
最近の会社は9時始業の18時終業というところが増えてきています。
拘束時間9時間で休憩時間が1時間、つまり労働時間としては1日8時間の勤務になるわけですね。

つまり、労働基準法を純粋に守ろうとすると、誰もが定時帰りをしないといけないわけです。

でも、それだと会社としては困ってしまう。
そこで会社が従業員と結ぶのが労使協定。いわゆる36協定(サブロク協定)と言われるものです。
この36協定を会社と従業員とで結び、労働基準監督署に提出すれば、会社は従業員に残業をさせることが可能になるわけですね。

とはいっても、この36協定で結べる残業時間の上限も決まっています。
1ヶ月で言えば45時間を超える残業は協定で結べません。

逆に言うと、月40時間の残業時間が普通というのは、制度上だけで言えば問題ないとされてしまうわけですね。

月40時間の残業が当たり前という日本の会社の風潮

ここに1つの表があります。

残業時間表

この表はVORKERSという「社員による会社評価」を集めているサイトが、2013年に調査した業界別の残業時間ランキングです。

月40時間以上の残業がズラリ!!
コンサルティング業ではなんと80時間を超えてしまっています。

月40時間の残業時間は普通と言った転職サイトの担当者の言葉は、ある意味間違っていません。
日本の会社員の現状としては正しい言葉だったわけです。

共働き家庭は、夫が残業ありきではやっていけない

夫が月40時間を超える残業が当たり前という状況で、共働きで子育てをしていたら間違いなく女性にばかり負担がかかります。

今の日本では、共働きで子育てをするにしても、時短勤務ができるのはほぼ女性です。
そうなると、子供の相手と家事は妻に集中することになり、間違いなく妻が潰れます。

私の持論として、共働きで子育てするのであれば、

夫も妻と同じぐらいの労働時間か少なくとも残業なしの働き方で、家事は妻と分担

こうでないと成り立たないと考えています。

まとめ

今は男性の育児参加が叫ばれ、働き方の見直しが進もうとしている時代です。
世の中が変わるよう、子育てまっただ中の男性が一人一人働き方を見直していく必要があるのではないでしょうか。

働き方を変えるために、職場を変えるのも一つの選択肢

今は多様な働き方を認めてくれる会社も少しずつ増えてきています。
思い切って職場を変えるというのも一つの選択肢でしょう。

そこで、一度自分の市場価値を調べてみるのはいかがでしょうか?
MIIDASって知っていますか?
DODAで有名なインテリジェンスが始めた新しい人材サービスなんです。

MIIDAS

MIIDASでは200万人の年収データ、7万人の転職実績データを公開していて、自分の市場価値がどのぐらいなのか、リアルな情報を知ることができます。

結婚して子供が産まれて、働き方を見直したいと思っているみなさん。
一度MIIDASで自分の市場価値をチェックしてみてはいかがですか?

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

実際に私も市場価値診断をしてみました!

アラフォーでSEの私。市場価値は年収620万円だと!?

2016.06.14

こちらの記事もおすすめです

残業しない | 実践するために私が取り組んでいる3つのこと
残業しない!残業したくない!実践するなら強い意志をもって行動しましょう。 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも、Kotanosu
保育園へ預ける前に朝ごはんをしっかり食べさせる2つのルール
保育園に子供を預けるのであれば、朝ごはんをしっかり食べさせないと子供が午前中を乗りきれませんよ! 子育てに奮闘中のパパさんママさん。
共働きで子育てをしている我が家の一日について赤裸々に書いてみた
共働きで子育てをしている他のご家庭がどうやって家事をこなしているのかが気になります。 子育てに奮闘中のパパさんママさん。 どうも、Ko
zangyo-jikan.png