[箱根]芦ノ湖への車でのアクセスは箱根新道を使うと圧倒的に早い2つの理由

小田原方面から芦ノ湖へ車で向かうなら、絶対に箱根新道を使いましょう!

箱根新道

子育てに奮闘中のパパさんママさん。
兼業主夫ブロガーのKotanosuke(@kotanosuke57)です。

我が家はよく旅行に行く箱根。
年に3回ぐらいは行くでしょうか。

箱根には箱根海賊船箱根ロープウェイなど、子供も楽しめる乗り物なんかもありますから、旅行にいくご家庭も多いと思います。

我が家は子どもが産まれてからは箱根に行くときは車を使うんですが、みなさんは小田原方面から箱根の芦ノ湖に車で向かうときはどうやって行きますか?

我が家は必ず「箱根新道」を使います。

なぜって、それは圧倒的に早く芦ノ湖に着くから。
それには2つの理由があるんです。

今回は、小田原方面から箱根の芦ノ湖へ、車でアクセスするする時は箱根新道を使うと圧倒的に早い2つの理由をお伝えします。

スポンサ-リンク

小田原方面から箱根の芦ノ湖に向かうには2つの経路がある

小田原方面から箱根の芦ノ湖に向かう場合、大きく分けて2つの経路があります。

  1. 箱根湯本・宮ノ下・小涌谷を通るいわゆる「箱根駅伝」コース
  2. 正月の風物詩、箱根駅伝の山登り5区の道を走るコースです。
    一般的に、箱根の道っていうとこのコースを指しますね。

  3. 「箱根駅伝」コースの南側を走る箱根新道を通る「箱根新道」コース
  4. 箱根の南側を走る国道1号線のバイパス「箱根新道」を通るコースです。

昔から箱根によく遊びに来ている人は、「箱根駅伝」コースを使いがち。

でも、車で箱根の芦ノ湖に向かうことが目的なら、いまでは間違いなく「箱根新道」コースのほうが圧倒的に早くておすすめなんです!

どのぐらい違うかというと、小田原から芦ノ湖まで「箱根新道」のほうが20分以上早く着きます!
行楽シーズンならもっともっともーーーっと差がつくんですよ。

芦ノ湖へのアクセスは箱根新道を使うと圧倒的に早い2つの理由

なぜ芦ノ湖への車でのアクセスは箱根新道を使うと圧倒的に早いのか。

それには大きな理由が2つあります。

1.箱根新道は芦ノ湖まで信号がひとつもない!

箱根新道の入口は、箱根湯本駅の1Km手前あたり。
小田原箱根道路を使っている場合は、スムーズに箱根新道に入れます。

その箱根新道の始まりから、芦ノ湖の最寄りのインターとなる「箱根峠」まで、1つも信号がないんです!

もともと箱根新道は2011年までNEXCO中日本が管理する有料の自動車専用道路でした。
いまは通行料は無料となってます。

自動車専用道路として作られた道路なので、信号が1つもないんですねー。

信号がないということは、基本的に車が停まってしまうことがないということです。

2.特定の渋滞スポットがひとつもない!

箱根新道は、特定の渋滞スポットがひとつもないんです。

信号もないんですが、その他にも車が合流してくるようなインターや、途中で立ち寄るような観光スポットもほぼありません。

前に遅い車がいればノロノロ運転になることはありますが、いわゆる渋滞というわれるような状態になることはないんですね。

逆に「箱根駅伝」コースは、箱根の中に点在する要所をめぐりながら走るような道路。
どうしても渋滞スポットっていうのができてしまいます。

代表的なところでいうと・・・

  1. 電車で箱根に来た場合の玄関口「箱根湯本駅」
  2. 仙石原と芦ノ湖の分岐となる交差点「宮ノ下」
  3. 箱根登山鉄道の踏切がある「小涌園」

などなど、これらは休日となるとほぼ渋滞が発生するようなポイントです。

渋滞ポイントがまったくない箱根新道、渋滞が発生するポイントが多い「箱根駅伝」コース。
どっちが早いかは明確ですよね。

箱根新道のちょっと残念なところ

芦ノ湖に圧倒的に早く着ける箱根新道ですが、「箱根駅伝」コースに比べて残念なところもあります。

箱根新道には見どころになるような場所がまったくない

箱根新道はバイバス道路。
観光スポットのようなところはまったくありません。
助手席や後部座席に座っている人には、ちょっとつまらないかもしれません。

逆に、「箱根駅伝」コースは、途中途中にいろんなスポットがあります。

  1. 箱根湯本駅周辺の賑わい
  2. 函嶺洞門(いまは老朽化のため通れなくなってますけどね・・・)
  3. 歴史ある富士屋ホテル
  4. ホテル小涌園一帯
  5. 箱根ケーブルカーがある強羅駅近辺

このほか、子供が体を動かして遊べる彫刻の森美術館も強羅近辺にあり、まさに観光スポットの宝庫!
渋滞スポットになるところは逆に見どころの場所でもありますからね。

芦ノ湖→小田原方面の下りは運転になれていないと怖い

芦ノ湖から小田原方面に帰るときの話にはなりますが・・・。
この箱根新道、小田原→芦ノ湖は常に登り。芦ノ湖→小田原は常に下りになります。

登りはともかく、下りは常にエンジンブレーキを効かせていないと、スピードが出すぎてしまいます。
山道、とくに下り坂の運転に慣れていない人は、かなりの恐怖感があります。

まとめ

小田原方面から芦ノ湖に行くことを目的とするなら、箱根新道を使ったほうが早いのは間違いないです。

車で芦ノ湖へアクセスするなら箱根新道!ぜひ使ってみてください。

まぁ、最近はカーナビが付いている車がほとんど。
デフォルトで箱根新道のルートを案内してくれることがほとんどかもしれませんけどね(笑)

箱根に20回以上旅行に行っている私がおすすめする、子供と一緒に楽しめるスポットを紹介しています。
合わせてチェックしてみてくださいね!

[保存版]箱根に子供と行ったら遊びにいきたいおすすめスポット6選+1

2017.10.13

家族でお得にレジャーを楽しむならデイリープラス!

家族・子供とレジャーに行こうと思ったとき、あなたが悩むのはなんですか?

場所、天気、移動手段などいろいろありますが、やっぱり一番気になるのは「お金」じゃないでしょうか?

無料で楽しめるレジャースポットもありますが、お金を出してこそ楽しめるレジャーのほうが世の中にはたくさん!
お金を出し渋っていては楽しめるレジャーも楽しめません。

私と同じように悩んでいる人におすすめなのが、会員制の優待クーポンサイトに登録してお得にレジャーを楽しむ方法です。

私が登録しているのはYahoo!が運営している会員制優待サービス「デイリーPlus」です。

【公式】▶ デイリーPlus

デイリープラスは、日本全国で100万件を超えるレジャー施設&レストランの優待が受けられる会員制優待サービス。

遊園地など大型レジャー施設のクーポンが充実していて、しかも割引率が高いのが特徴です。
代表的なところでいうと・・・
  1. としまえん デジタルチケットでのりもの1日券おとな 4200円⇒1800円
  2. 富士急ハイランド チケット提示で入園+乗物3回券おとな 4500円⇒2200円
こた
この割引率を見ちゃうと、もう普通にチケットを買うのがバカらしく感じちゃうよね
もちろん、すべてのクーポンの割引率がここまで高いわけではありません。
でも、普通にチケットを買うより明らかにお得になるのは間違いありません。

レストランで使えるクーポンも充実しているので、レジャー施設で遊んだあとはレストランでも優待を受けれます!

しかも、デイリープラスは家族のうち一人が会員登録すれば、家族全員でクーポンの優待を受けることができます。
家族で遊園地やレジャー施設にお出かけしたいと思ったときにはうってつけのサービスです。


デイリープラスの使い方は簡単。
お目当てのクーポンのページにいき、クーポンの使い方を確認します。
  1. クーポンを印刷して持っていく
  2. お店でその場で見せる
  3. クーポンを使う日を指定して予約する
書いてある使い方にそってクーポンを使えば、優待を受けることができます。
施設によってクーポンの使い方が違うのがちょっとイケてないですが、優待の内容がいいので全く文句はありません(笑)

まずは公式サイトでどんな優待が受けられるのかチェックしてみましょう。

【公式】▶ デイリーPlus

登録後は最大2ヶ月間の無料期間があるので、お金をかけずにお得なクーポンだけをゲットすることができますよ。
Q.登録がめんどくさいんじゃない?
A.1クリックで簡単登録!とまではいきませんが、めんどくさいくはないですよ。
Yahoo!IDを持っていれば5分ほどで登録が可能です!
▶デイリープラスの登録方法の詳細はこちら

Q.こういうサービスって解約がめんどくさいんじゃないの?
A.デイリープラスは解約も簡単!
スマホだけで5ステップ、2分もかからず解約できます。
▶デイリープラスの解約方法の詳細はこちら

Q.無料期間中に解約したら逆にお金を取られるんじゃ・・・?
無料期間中に解約すれば費用はいっさいかかりませんから安心してください!

Q.解約したら再契約できないの?
A.デイリープラスは一度解約しても再契約ができます。
クーポンが必要なときだけ契約するのもOK!
ただし、再契約の場合は2ヶ月無料の特典は付きません。

Q.解約を忘れちゃいそう・・・
A.スマホのカレンダーに月末に必ず確認するよう登録してきましょう!
解約忘れを減らせます。
まずは登録して優待クーポンを使ってみて、どれだけお得にレジャーを楽しめるか実感してみてください。
お気に入りのレジャー施設があれば、絶対お得に楽しむことができるんですよ。

クーポンを使わずに損するより、クーポンを使って家族みんなでレジャーを楽しみましょう!

スポンサーリンク