湯沢パークスキー場のキッズパークは料金無料!そりと雪遊びが楽しめる!

そりと雪遊びが楽しめて料金無料!湯沢パークスキー場のキッズパークは小さい子供におすすめ!

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1af11
こた
こんにちは、パパブロガー こた(@kotanosuke57)です。

新潟の湯沢にある湯沢パークスキー場
そこには料金無料でそりと雪遊びが楽しめるキッズパークがあります。

今回、うちのこどもと一緒に湯沢パークスキー場のキッズパークで遊んできました。

湯沢パークスキー場のキッズパークの様子を写真とともにお伝えします!

スポンサ-リンク

湯沢パークスキー場のキッズパークの概要

湯沢パークスキー場のキッズパーク
湯沢パークスキー場のキッズパーク

湯沢パークスキー場のキッズパークは、湯沢パークスキー場内にある子ども用のゲレンデです。

入場料金は無料!
キッズパークに設置してあるそりも自由に使ってOKです。

こた
キッズパークは入場料をとるスキー場も多いけど、湯沢パークスキー場は良心的なのだ

湯沢パークスキー場のキッズパークの様子

それでは、湯沢パークスキー場のキッズパークの様子を写真とともにお伝えしましょう。

そりが楽しめる子ども用のゲレンデ!そりは自由に使える!

湯沢パークスキー場のキッズパーク
そりが楽しめるキッズゲレンデ!

湯沢パークスキー場のキッズパークには、そりが楽しめるゲレンデが準備されています。

こた
大きいゲレンデではないので、小学校入学前の小さい子ども向けって感じだよ

キッズパーク内に置いてあるそりは自由に使ってOK!
置いてあるそりは以下の2つでした。

  1. よくあるプラスチック系のそり
  2. チューブタイプのそり

よくあるプラスチック系のそりはこちら。

湯沢パークスキー場のキッズパーク
プラスチック系のそり
こた
ごめんよ、こんな写真しか撮っていなかったのだ(;・∀・)

大人と子供が一緒に乗って滑ることができる大きさです。

もうひとつのチューブタイプのそりはこちら。

湯沢パークスキー場のキッズパーク
チューブタイプのそり

こちらは1人で乗って滑るタイプですね。

こた
このチューブタイプのそりはけっこうスピードが出るから、体が小さい子どもにはちょっと怖いかもね

エスカレーターは無いので、自分でそりを持って登ろう!

湯沢パークスキー場のキッズパークにはエスカレーターはありません。

こた
大きいスキー場のキッズパークだとエスカレーターがあったりするんだけどね。

とはいえ、キッズパーク自体が大きくはないので、簡単に登ることができますよ!

うちの子もそりを引っ張って、えっちらおっちら登っていました。

湯沢パークスキー場のキッズパーク
そりを引っ張ってえっちらおっちら!

登った上から下を見下ろすとこんな感じ。

湯沢パークスキー場のキッズパーク
キッズパークの上から下を見たところ

写真だと傾斜がわかりづらいですが、初心者用ゲレンデぐらいの傾斜はあります。

こた
そりで滑るといい感じにスピードが出て、大人も子どもも楽しめるよ!

小さいゲレンデとはいえ、雪の斜面を登るとそれなりに体力を使います。
大人も子どももいい運動になりますよ!

雪遊びもできるよ!

キッズパークはそりで遊ぶだけでなく、普通に雪遊びもできます。

湯沢パークスキー場のキッズパーク
雪遊びもできるよ!

雪に埋もれてみたり、雪合戦をしたり、パフパフの雪を歩いてみたりと、楽しみ方はいろいろです。

無料だけど規模は小さめ!丸1日遊ぶのはちょっと厳しい!?

湯沢パークスキー場のキッズパークはそりもあって無料で遊べるのが魅力。
でも、規模は小さいので丸1日をキッズパークで遊ぶのはちょっと厳しいです。

こた
子どもが4歳以上ぐらいになると、ちょっと物足りなく感じちゃうかも。

そこでおすすめなのが、子どもをスキースクールのキッズレッスンに参加させること。

湯沢パークスキー場のキッズレッスンは1時間2000円
かなりお得な価格設定です。

我が家が遊びに行ったときは、午前中はキッズパークで遊び、午後はキッズレッスンに参加させましたよ!

∞ あわせて読みたい ∞

うちの子どもが参加した湯沢パークスキー場のキッズレッスンについては、こちらの記事でまとめていますよ!

湯沢パークスキー場のキッズレッスンで子供がスキーデビュー!レッスン内容をまとめたよ

>>続きを読む

まとめ

湯沢パークスキー場のキッズパークをご紹介しました。

料金無料でそりが楽しめて、雪遊びもできます。
平日ならガラガラで、小さい子供の雪遊びデビューにはもってこい!

ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアもよろしくお願いします!