【トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナル レビュー】真っ赤な車体が美しいスーパーカーの元祖

スポンサーリンク

トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック

こた
親子そろってトミカ大好き!パパブロガー こた(@kotanosuke57)です。
こんにちは!

この記事では、トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナルのレビューをお届けします。

ランボルギーニ カウンタックといえば、1970年台後半のスーパーカーブームの代表的な車。
その当時、カウンタックに憧れを抱いた人も多かったはず。

そんな憧れの車がトミカプレミアムにラインナップ!

特に、タカラトミーモールでしか買うことができない真っ赤なカウンタックは、スーパーカーブーム世代の方にはぜひコレクションしてもらいたい1台です。

スポンサ-リンク

トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナルの概要

トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック

トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナルのモデルは、1974年〜1990年にかけて製造・販売されていたランボルギーニ カウンタックです。

1970年代の後半、日本では空前のスーパーカーブームがあり、そのブームの中心的な車となったのがこのランボルギーニ カウンタック。

私も子供のころ、真っ赤なカウンタックのラジコンを買ってもらって家で遊んでいた記憶がありますよ。

トミカプレミアムのランボルギーニ カウンタックには。通常モデルとタカラトミーモールオリジナルモデルの2つがあり、通常モデルはブルー、タカラトミーモールオリジナルはレッドのカラーリングです。

トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナルの詳細レビュー

トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナルは真っ赤なボディーと、トミカプレミアムらしい細かいディテールが特徴です。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック

アクションはサスペンション。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック
カウンタックの特徴とも言えるシザードアとリトラクタブル・ヘッドライトが搭載されていないのはちょっと残念。

でも、カウンタックの美しいフォルムが堪能できるので、アクションなんて気にしなーい!

ちなみに、カウンタックの後継車といえるディアブロもトミカプレミアムになってますが、こっちはシザードアとリトラクタブル・ヘッドライトのアクションが搭載されています。

【トミカプレミアム15 ランボルギーニ ディアブロ SV レビュー】シザードアとリトラクタブル・ヘッドライトのアクション搭載の1台

前方から見ていきます。
ライトはクリアパーツ仕上げ。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック
ランボルギーニのエンブレムもしっかりプリントされていますね。

側面を見ると、ひときわ目を引くのがゴールドのホイール。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック

反対側も作りは同じです。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック
こんな車が町中を走っていたら、誰しもが目をとめちゃいますよね。

テールランプはクリアパーツ。
色分けの塗装もされています。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック
ものすっごく細かくて読めないですが、「Lamborghini Countach」の文字も印字されていますよ。

車体裏側。スケールは1/61です。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック
ウイングはプラパーツで、傷つきやすいので注意しましょう

最後に、トミカプレミアム通常モデルのカウンタックと並べて撮影してみました。
トミカプレミアム ランボルギーニカウンタック

青と赤、どちらがお好みですか?

通常モデルのカウンタックのウイングは、子供が遊んでいるうちに傷ついて線が入ってしまいました・・・^^;

まとめ

この記事では、トミカプレミアム ランボルギーニ カウンタック タカラトミーモールオリジナルのレビューをお届けしました。

真っ赤なボディーと、トミカプレミアムらしい細かいディテールが特徴の1台です。

タカラトミーモールオリジナルは、タカラトミーモールとトミカショップでしか買えない貴重なモデル。

ぜひコレクションに加えてみてはいかがでしょうか。

トミカデータベース

ジャンル別
バス パトカー・警察車両 救急車 消防車 タクシー 建設車両 食べ物カー バイク 飛行機・ヘリコプター
メーカー別
トヨタ 日産 ホンダ マツダ スズキ 日野 モリタ  いすゞ フェラーリ ランボルギーニ その他外国車
人気車種別
スカイライン スープラ 2000GT

シェアしていただけると泣いて喜びます