[トミカNo.62]ラフェラーリ|26年ぶりに発売されたフェラーリのトミカをレビュー

スポンサーリンク
ラフェラーリ
こた
親子そろってトミカ大好き!パパブロガー こた(@kotanosuke57)です。
こんにちは!

この記事では、トミカとして26年ぶりに発売されたフェラーリの「ラフェラーリ」をレビューします!

発売前からトミカ好きのあいだではかなりの盛り上がりを見せていてた「ラフェラーリ」。
そして、発売当日はトミカショップもフェラーリのトミカを買い求める人で長蛇の列!

こた
私も買うのに1時間ぐらいならんだよ(汗)

実際に手にした「ラフェラーリ」はどうだったのか、どんな作りなのか、お伝えします!

スポンサ-リンク

26年ぶりに発売されたフェラーリのトミカ「ラフェラーリ」

ラフェラーリ

フェラーリのトミカは26年前に「テスタロッサ」発売されたのを最後に、トミカ化されていませんでした。

今回、26年ぶりにトミカとして発売されたフェラーリは「ラフェラーリ」。

実車としては全世界で500台のみ生産され、販売価格は日本円にして1億円以上!
まさに現代のフェラーリを代表する車です。

トミカNo.62 ラフェラーリ をレビュー

それではトミカNo.62 ラフェラーリを各面から見ていきますね!
真っ赤なボディがまぶしい、まさにフェラーリといった仕上がりになっていますよ!

別パーツで作られたライトと小さくとも見事に表現されたエンブレム

まず正面を見ると、ヘッドライトが別パーツで作られているのが大きな特徴ですね。

ラフェラーリ

トミカはライト部分は単なるペイントが多いんですが、別パーツになっているのは珍しいです!

こた
別パーツになることで本物感がアップしているよ!

フェラーリの特徴と言える跳ね馬のエンブレムも見事に再現されています。

両サイドはドアのフォルムとエンブレムが特徴

今回のラフェラーリのギミックはサスペンションのみ。
残念ながらドアの開閉はできませんが、ドアのフォルムは見事に作られています。

ラフェラーリ

フェラーリのエンブレムがうまくワンポイントになっていますね。
タイヤはスポーツカータイプのトミカで使われるものと同じです。

ラフェラーリ

「Ferrari」と跳ね馬のエンブレム&ライトが別パーツの後部

車体後部は「Ferrari」と跳ね馬のエンブレムが銀色でうまくペイントされていますね。
ラフェラーリ

特に「Ferrari」の文字はFの横棒が伸びているところも見事に再現!

そして、テールライトもトミカにしては珍しく別パーツを使用。
「トミカNo.62 ラフェラーリ」への力の入れようがわかりますね。

気になった点

見て触ってみて気になったところは、車体が軽いってところですね。
ランボルギーニのトミカも同じですが、どうしてもフォルムが流線型で細いので、重さがないんです。

こた
もうちょっと持ったときに重さを感じられると、より本物感がアップするんだけどね・・・

初回特別仕様のブラックカラーも発売されたよ!

「トミカNo.62 ラフェラーリ」は初回特別仕様のブラックカラーも発売されました。
黒のフェラーリはかなり珍しいです!
ラフェラーリ

こた
ちょっと悪ーい感じがするフェラーリだね

結論:「トミカNo.62 ラフェラーリ」は真っ赤なボディと別パーツライトが秀逸!

「トミカNo.62 ラフェラーリ」は力の入れようがよく分かる出来ですね。
特に、別パーツで作られたライトはかなりのかっこよさ!

真っ赤なボディーに跳ね馬のエンブレムの再現性も高いです。

こた
スポーツカータイプのトミカを買いたいなら絶対おすすめなのだ!

きっとあなたの役に立つ関連記事

シェアもよろしくお願いします!