【トミカプレミアム17 512 BB レビュー】カウルとヘッドライトの開閉ができるアクション満載の1台

スポンサーリンク

トミカプレミアム 512 BB

こた
親子そろってトミカ大好き!パパブロガー こた(@kotanosuke57)です。
こんにちは!

この記事では、「トミカプレミアム17 512 BB」のレビューをお届けします。

「トミカプレミアム17 512 BB」のポイントを簡単にまとめるとコチラです。

良い点
・カウルとリトラクタブル・ヘッドライトの開閉ができる
・星型のホイールを忠実に再現
もうちょっと・・・の点
・ライト部分がクリアパーツじゃない

それではいってみましょう!

トミカプレミアム17 512 BBの概要

トミカプレミアム 512 BB

トミカプレミアム17 512 BBは、フェラーリが1976年から約8年間製造・販売していたスポーツカー「512 BB」がモデルです。

同時期に販売されていたランボルギーニ・カウンタックと並び、日本のスーパーカーブームの中で大人気だった車の1台です。

ちなみに、この「512 BB」の後継車は、あのテスタロッサです。

トミカプレミアム17 512 BBの詳細レビュー

トミカプレミアム17 512 BBの魅力は、2つのアクション、フェラーリらしい真っ赤なボディと星型ホイールです。
トミカプレミアム 512 BB

トミカプレミアムらしい、美しい造形もポイント高いですね。
トミカプレミアム 512 BB

アクションはカウル(エンジンルーム)の開閉とリトラクタブル・ヘッドライトの開閉です。
トミカプレミアム 512 BB
リトラクタブル・ヘッドライトは当時の車の象徴とも言える部分。
トミカプレミアムのテスタロッサでも採用されていますね。

カウルを開くと、中にはちゃんとエンジンが再現されています。
トミカプレミアム 512 BB
普通のトミカではここまでできません。

車体前方には、フェラーリの跳ね馬のエンブレムも刻印されています。
トミカプレミアム 512 BB
残念なのは、ウインカーやその他ライト部分すべてが塗装仕上げだということですね。
アクションに力が入っているので、そこは難しかったか・・・。

側面を見ると、星型のホイールも美しく再現されています。
トミカプレミアム 512 BB

反対側も同様の作りです。
トミカプレミアム 512 BB

車体後部には、「Ferrari」の文字が刻印されています。
トミカプレミアム 512 BB
ライトは塗装仕上げです。

車体裏側です。スケールは1/61。
トミカプレミアム 512 BB
左側に見えるのは、リトラクタブル・ヘッドライトの開閉スイッチです。

最後に、発売記念仕様と並べて撮影してみました。
トミカプレミアム 512 BB
実車でこうやって並んでいる姿なんて、見れないですよね。

まとめ

この記事では、「トミカプレミアム17 512 BB」のレビューをお届けしました。

2つのアクション、フェラーリらしい真っ赤なボディと星型ホイールが魅力の1台ですよ。

シェアしていただけると泣いて喜びます